おいしい唐揚げとそのルーツについて | あかねいろ01

日常生活で役立ちそうな事や、興味がそそるようなさまざま事を集めました!

おいしい唐揚げとそのルーツについて

2017/10/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

唐揚について今回はご紹介したいと思います。

実は、唐揚げは誰でも知っている食べ物で、今では世界的にも有名な食べ物です。

また、唐揚げグランプリという全国で何処のから揚げが一番美味しいかというのを競ったりする大会が日本にはもちろん、世界にもあったりするほど唐揚げは日本のみならず、世界的にも有名な食べ物です。また、多くの人たちに親しみが持たれやすい食べ物といえるでしょう。

そして、案外知られていない唐揚げのルーツは、そもそも何かというと江戸時代に中国から来た普茶料理から伝わったと言われています。

スポンサーリンク



普茶料理では、当時の日本では「から揚げ」や「空揚げ」といった言い方をして多くの江戸市民たちに珍しい食べ物として楽しまれていました。

しかし、当時の唐揚は、今のような唐揚げの形ではなく、原料の肉は高価だったため、豆腐に小麦や色んな食材を混ぜて揚げていたのがこのルーツとされ、それが原型とも言われています。

現在では沢山の肉が海外からも輸入されるようになった事から、沢山の人に愛される食べ物になりました。

また、おいしい唐揚げの作り方はやはり、調味料で半日から、一日漬け込むことです。
その中でも特に美味しい唐揚の作り方は、主な調味料として、にんにく、醤油、ごま油、おろししょうが、ハーブを全部パウチまたは袋に入った鳥もも肉の入っている袋の中に材料を全部入れ、そこから、新鮮で奇麗な油で小麦粉または、それがなければ片栗粉を代用して揚げていく事がとても美味しく、おいしく出来る唐揚げの作り方です。

その際に大切なのが、火加減になります。その火加減は主に中火からやや高い温度の火で一気に揚げていくことです。
そうする事で外からじっくり中の方まで火が通りそして、中に肉汁が閉じ込められた美味しい、いわゆる、ジューシーなから揚げが出来上がります。

そして、レモンなどを添えたり絞ったりすると、とても美味しく、サッパリして食べられます。

また、レモンの酸には、油が抑えられ体内に油が吸収するのを抑える作用もあるのでオススメです。

他にも美味しい食べ方というとやはり、唐揚げをマヨネーズなどの調味料に付けて食べると、とても美味しく頂けますね。

マヨネーズ以外にも意外な調味料として、マヨ+唐辛子+ごま油+はちみつを混ぜた特製ドレッシングで頂くととても美味しく唐揚げが食べられますよ。

唐揚にはもちろん、元々美味しく味付けがされているところに、さらにお肉と相性のいい調味料の一つである、マヨネーズと蜂蜜を入れる事で、まろやかで口当たりの良い唐揚が楽しめます。

勿論、家で作るのは、とても簡単に今では市販の粉もあるので美味しく食べられます。

また、最近では、日本唐揚げ協会が主催とする唐揚げグランプリという日本全国で何処の唐揚げが一番美味しいかというのを競う大会があります。

その大会は、普段味わえない全国の唐揚げを楽しめる事から来場客が全国から押し寄せてくるほど人気のイベントにです。

唐揚げ好きなら一度は行ってみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2017 All Rights Reserved.