こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

【初心者にも造りやすい】家庭菜園でサツマイモを造ろう!

2018/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

野菜の中で家庭菜園を初めておこなう方でもつくりやすく、収穫の楽しさを味わえるのがサツマイモです。それほど肥料のはいっていない庭や、スペースの空いている場所で、日当たりさえ確保できれば作ることができます。

植え付ける前の1週間前までに苦土石灰を1平方メートル当たり一握りほどまいてよく混ぜておきます。その場所はふかさ20センチほど耕しておきます。表面を平らにしたら、幅60センチほど、高さ10センチほどの畝をつくります。その真ん中に必要ならば肥料分の少ないたい肥や腐葉土を1平方メートルあたり3にぎりほど入れみぞを埋めふたたびたいらにします。肥料は入れません。

1週間から10日後までに苗を入手しておきます。ちょうどゴールデンウィーク前後からホームセンターや園芸店でサツマイモの苗が入手できます。しおれたものを購入してかまいません。サツマイモの苗はバケツなどに水を入れてそこに入れておけば数日は大丈夫です。

 

サツマイモの苗は、畝の向きに指で茎を押さえつけるようにして植え付けます。茎の部分が先端の芽の部分と各々の葉を土の表面に出すぐらいに埋めます。各苗は50センチほどの間隔をあけるようにします。そのあと水やりを十分に行います。植えてしばらくは葉がしおれていますが、そのままにしておいて大丈夫です。サツマイモの苗は強く多少葉が枯れてしまうぐらいでも根つきます。1週間から10日過ぎると新しい葉が出てきます。

【スポンサーリンク】

その後は1か月を過ぎたころに土寄せをかねて除草をしっかり行います。茎がのびはじめるとしっかり定着しています。伸びたつるをさらに切ってべつの苗として植え付けることができます。こうして苗の数を増やすことができます。6月いっぱいぐらいまではそのようにしてもとの苗から苗をとり植え付けることができます。

つるの伸びがよくないときにはサツマイモ用の肥料もしくは草木灰、塩化カリを少量追肥します。ふつうに育っているときには追肥は必要ありません。サツマイモは基本的に肥料はほとんどいりません。むしろチッ素肥料が多すぎると、葉やつるばかりが育つつるぼけの状態になってしまい、いもはほとんど収穫できなくなってしまいます。チッ素、リン、カリのうち、カリに関してはいもの肥大に必要なために上に書いたサツマイモ用の肥料もしくは草木灰にはこのカリウムが豊富に含まれています。

何度が除草や土寄せをすることで土の表面をやわらかくして空気の流通がよいよいにしておきます。すると根の生育が順調になります。するといもの肥大へとつながります。つるがずいぶんのびますので、隣の畝などにじゃまになる時にはたまに位置を調節してかまいません。つる返しといってつるごと持ち上げて元の畝のほうにもどす操作を行う場合もあるぐらいです。この操作はスペースに余裕がある場合には最近では必ずしも必要ないとされています。ただしとなりに肥料がたくさんある場合には、そちらのほうに根が張らないようにしたほうがいいです。肥料が効いてしまうと上に書いたように、いもがならなくなってしまうことがあるからです。
収穫は通常は10月以降に行います。探り掘りをしてみていもが大きくなっているかどうかを確認してから、収穫するといいでしょう。おそくとも霜が降りる前までに収穫を終えます。

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2017 All Rights Reserved.