こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

初心者でも栽培が簡単で花も楽しめる!家庭菜園でオクラを造るコツは?

2018/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

独特のぬめりとシャリシャリとした食感が特徴の夏野菜「オクラ」は、家庭菜園でも簡単に栽培し、収穫する事ができます。

 

作業としては「畑の準備」「オクラの苗を植える」「手入れする」「収穫する」という手順がありますが、特別な技術は不要で、家庭菜園のような小さな区画(1株当たり約50平方センチメートル)でも栽培できる、初心者でも育てやすい野菜です。

 

乾燥気味の土壌を好みますので、お庭や菜園の水はけや日当たりの良い場所を選んで、栽培にチャレンジしてみましょう。

 

まずステップ1は「畑の準備」です。家庭菜園の中で、オクラ苗を植える場所を決め、1株当たり50cmの正方形の区画を作ります。

2株以上の植えたい場合は、この区画を2つ、3つと増やして下さい。

次に区画の土を30cmの深さまで掘り返します。家庭菜園として使ったことがない硬い土であれば、土を細かく砕いて空気を入れるようにしましょう。

次に堆肥や化成肥料を混ぜ込みます。最後に平らにならし、そのまま1週間程度放置して、土と堆肥や化成肥料が馴染むのを待ちます。

既に稼働中の家庭菜園の場合、前につくった野菜や堆肥の残存量を勘案しつつ、量を加減して堆肥等を与えて下さい。

 

次はステップ2「オクラの苗を植える」です。

ホームセンター等でオクラの苗を入手しましょう。

家庭菜園の場合、直接土に種を撒く方法ではなく、ホームセンター等で売っているオクラのポット苗を使用する方が成功率が上がります。

ステップ1で作った区画の中央に、手やスコップ等で直径10cm位の穴を開けて、その穴にジョウロで水を注ぎます。

【スポンサーリンク】

掘った穴の水がひいたら、ポットからオクラを取り出して、植穴に植え込み、周囲の土と苗が馴染むように土を寄せ、軽く上から抑えましょう。

最後に株元に水をたっぷり与えます。

 

次はステップ3「手入れする」です。

1週間程経つと、オクラが土と馴染み、葉も茎も生長を始めます。

オクラは乾燥気味な土を好むので、毎日水を与える必要はありませんが、土が乾いて葉がしおれるほど暑い日が続いた時は、朝夕の涼しい時間帯に水をたっぷり与えて下さい。

また、適宜、葉の裏をチェックして、虫がいたら早めに駆除もしましょう。やがて、腰の高さ位まで生長すると、淡い黄色の花が咲きます。

夏の家庭菜園の中では特に目立つ可憐な花姿で、花も楽しめる野菜として知られています。

 

次はいよいよ「収穫する」です。盛夏になると、次々に花が咲き、オクラの実がついてきますので、ハサミで切り取って収穫して下さい。

ご自宅から離れた場所で家庭菜園を行う方は、毎日畑に行くのは難しいと思いますが、家の庭等、隣接した所で家庭菜園を行う場合は、毎日、実の出来上がりを見て、日々1~2本ずつ収穫するようにしましょう。

尚、オクラの実をとったら、実のすぐ下の葉を根元からハサミ等で切り落とすと良いです。こうすると、株が更に上へと生長する上、オクラの収穫もしやすくなります。

 

以上、家庭菜園でオクラをつくる手順をご紹介しました。

尚、株の植え付け時期ですが、寒冷地以外の一般地や温暖地では5月から6月初旬頃、収穫は7月下旬からになります。

オクラは種も販売されていて、4月下旬頃ポットに種を撒いて、自分で苗を育てることもできます。

家庭菜園では、あまり広いエリアは取れないと思いますが、オクラを1~2株植えておくだけで、盛夏には毎日1~2本ずつ食べられます。

一般的な年の降水量であれば、水やりもほぼ不要で、手間もほとんどかかりません。

次々と咲くオクラの花と実を日々観察して、柔らかい状態での収穫を心がけましょう。 

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2017 All Rights Reserved.