家庭菜園向け ホーリー(聖なる)バジルの育て方を教えます! | あかねいろ01

日常生活で役立ちそうな事や、興味がそそるようなさまざま事を集めました!

家庭菜園向け ホーリー(聖なる)バジルの育て方を教えます!

2017/09/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

あまり聞きなれないかもしれませんが、バジルの種類にホーリーバジルというものがあります。アーユルベーダーでは不老不死の薬とも呼ばれているものです。栽培することによって空気を清浄化し、地場を改良すると言われています。

 

 

もちろん通常のバジルのように食すことができます。ホーリーバジルの生葉を食べ、お茶にして飲み、健康で豊かな生活を得た人が増え続けているそうです。

 

 

育て方はバジルと変わりません。通常のバジルとは香りも違い、葉っぱもバジルとは形状が違います。バジルほどの肉厚はありません。大きさは一回りほど小さく薄い葉っぱです。

 

 

種まきの時期は暖かくなってくる春、4月中旬頃が良いでしょう。地域にもよりますが15度以上の気温になる頃に蒔いてください。日中は15度を超えても朝晩の温度が一桁代になってしまうとせっかく発芽をしても枯れてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

まずはポットに種を植えます。直蒔きでも良いのですが、出始めの芽はとても小さく可憐で雨粒によって穴が開いたり朽ちてしまったりするため直蒔きにする際はビニールなどで囲っておくと良いとおもいます。お薦めはポットで発芽させる方法です。一晩種を水につけておくと発芽しやすくなります。1ミリほどの小さな種なので1つのポットに2~3粒を蒔きます。

 

 

 

充分な気温がないと発芽しないため、4月でもまだ寒いときなどは芽が出るのを気長に待ちましょう。インドが原産のため気温が高いほど発芽しやすくなります。日当たりの良いところに置いてください。

 

 

 

スポンサーリンク



芽が出てきたら成長の良いものを1つ残し他は間引く、とよく言われますが間引かなくても構いません!成長の良いものばかりで見定めが難しかったりします。葉が4~6枚になったら地面に植え替えると言われることが多いですが台風や梅雨など雨風の多い時期にあたってしまった場合は15センチほど成長するのを待ってから植え替えるほうが良いです。 茎が細く簡単に折れてしまうからです。(鉢植えで育てる場合は大きくなるのは待たなくて大丈夫です。)ある程度大きくなったら地面に植え替えます。

 

 

 

また、植え替えた時期の茎がまだ細い場合は添え木をすることをおすすめします。風が強いと折れてしまう可能性があらからです。地植えの際も日当たりの良い場所を選びましょう。日当たりが悪いと生育が悪くなります。

 

 

また、とくに夏の時期は水やりをきちんとしてください。水やりができていないと枯れてしまいます。(私は今年、家を空けていることが多く水やりが出来ずにいました。ゲリラ雷雨なども頻繁にあったため大丈夫かなと思っていましたが枯らしてしまいました…。)

 

 

夏は朝夕と数回お水をあげてください。土が乾いてきたらお水をあげる感覚です。肥料などはとくに必要ありません。日光とお水で充分大きくなります。あっという間に30~40センチの高さになり、紫色の可愛いお花をつけ始めます。この頃にはしっかりとした太い茎になっています。

 

 

 

食用として摘み取るときはハサミで、お花ごと10センチほどを摘み、サラダやパスタに入れて香りを楽しみながら食べることもできます。葉っぱを摘み取ってバジルティーにするのもとても香りが良く飲めます。葉っぱをすりつぶして体のシミに塗っているとシミが薄くなったという話も聞きます。

 

 

 

育て方を調べると細かく過程を書かれていますが日当たりと水やりを気を付けていればそんなに心配することはありません。きちんと成長してくれます。放っておいてもしっかりと育ってくれます。

 

 

花が咲き終わると茶色く枯れてきますが花の下の部分をよく見てみると、そのうち小さい黒いものがあることに気付くとおもいます。これが種です。一つの花から5個ほどの種が取れます。

 

 

 

手間はかかりますが是非種を採取し来年も植えてみてください。沢山植えてしまった場合は、全て枯れるのを待ってから、すべて茎の部分から切ります。一まとめにし、ビニール袋などに逆さまに突っ込みます。逆さまの状態で振ると種が全部落ちるので、らくに種を集められます。

 

 

 

枯れるのを待つ前に、上記と同様に茎の部分から切り、一まとめにして洗って乾かし、自然乾燥をさせてから種をとる方法もあります。その場合は種をとったあと乾燥ハーブとしていつまでもハーブティーを楽しむこともできます。

 

 

 

家庭菜園としてはとても育てやすい種類だと思います。多年草ですが日本の気候では冬を越すのは難しいため毎年春~秋に栽培~種取りをすることを楽しまれてみてください。

 

 

 

ホーリーバジルは沢山効能のあるハーブです。魔除けにも良いと聞くので是非育ててみてください。紫の小さいお花が沢山咲くのは本当に可愛いですよ。花を楽しみ香りを楽しみ、飲んでよし食べてよし、いろいろと万能なハーブを楽しみながら育てていただきたいです。

 

 

沢山植えてしまった場合は一輪挿しをされてみるのもおすすめです。お家の中にハーブの香りが立ち込め癒されます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2017 All Rights Reserved.