こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

家庭菜園の初心者必見です。小松菜栽培のコツは?

2018/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

 

 

常に新鮮で美味しい野菜を食べられることから今も根強い人気がある家庭菜園。特に今はハーブ栽培を中心に若い女性にも人気があるようです。

ですが、初心者の方にとっては何から栽培を始めれば良いのか分からないことも多いと思います。

今回は、プランターや植木鉢と言った小さい場所でも育てられる小松菜の育て方について書いてみようと思います。

小松菜はほぼ年中育成が可能な植物ですので、家庭菜園で育てるのには最も適した植物の一つです。

しかも連作(同じ場所で連続して育てること)も可能ですから、プランターや植木鉢を複数用意して輪作をする必要もないので、本当に気軽に始める事が出来ます。

 

 

では、初心者の方にとって一番始め易いのはいつかというと、害虫の活動が落ちてくる秋、九月から十月がもっとも適していると思います。

というのも、小松菜の発芽に適した気温は15度から35度で、生育するのに適した気温は20度から25度と、低めの気温を好む植物だからなのです。

高温には少々弱いので、残暑が抜け始めた9月中旬以降はもっとも始めやすいといえると思います。

 

 

 

プランターを使う場合は40センチ以上のものを使うようにしてください。プランターの底に鉢底石を敷いて水はけを良くしておいてください。

使う土に関しては市販の培養土で十分です。この場合は肥料を追加する必要はありません。水を差したときに土がこぼれてしまわないように、プランターの高さの8割くらいまで土を入れておきましょう。

家庭菜園で育てやすい品種ですが、夏楽天が良いのではないかと思います。それ以外の種類でも特に問題はなく作れますので、店にあった小松菜の種を使って構いません。 

ここで気をつけるのは信頼の置ける店や業者から種を買うようにすることです。粗悪品を扱っている店等もあるようですので、事前にインターネット等で調べ、信頼の置ける店であるかどうかをチェックしてください。

 

 

 

小松菜は種から育てていきますので、間引きが必要になります。まずはプランターに細い棒を使って一本の筋をつくります。深さは5ミリくらいでいいでしょう。そして種を1センチから1.5センチくらいの感覚で蒔いていきます。蒔き終わったら土を上から軽く掛けてあげましょう。

その際、深過ぎると発芽しにくくなってしまいますので注意してください。土をかけたら、上から軽く表面を押してならしておき、水を掛けましょう。発芽するまでは種が乾燥しないよう、小まめに水をやってください。

【スポンサーリンク】

 

 

 

 

水のやり方ですが、基本的に乾燥に強い種類なので水やりの回数を増やすよりも朝と夕方の水やりの水を多く上げるほうが効果的です。

水やりの回数を増やしてしまうとねぐされの原因になりかねず、生育不良の恐れがあるからです。その際、種や発芽した双葉が流れてしまわないよう、やさしく水をあげてください。

 

 

 

だいたい5日から1週間で芽が出てきますので、一回目の間引きを行います。形の悪い芽を間引いて、芽と芽の間が3センチ程度空くようにしてください。間引いた芽はサラダなどに混ぜて食べることが可能です。

 

 

 

2回目の間引きは本葉が4枚前後生えてきたら行います。ここで株の間を5センチ程度空けるようにしてください。この後は、株の間が混んできたと思ったら適宜行う程度で大丈夫です。

逆に間引きを怠ると成長が遅くなってしまいますので注意してください。この間引きで抜いた小松菜は若々しい味で苦味も少なく、生で食べることが出来ます。

 

 

 

2回目の間引きが終わったくらいに一回追肥してあげると成長が早くなります。

ですが、プランター栽培の場合、肥料を土と混ぜて根元に植えるのは少々手間がかかりますので、水やりの際に水と一緒に液肥をあげるのがいいでしょう。

手間もかからず、効果も目に見えて違ってきます。ただ、液肥が葉にかかると濃度障害が起こる可能性があるので、葉にはかからないように注意してください。

 

 

 

秋蒔きの場合、収穫は45日から60日で可能です。草の高さが20センチから25センチくらいになり、葉の緑が濃くなったら収穫可能です。

収穫の際はハサミで根元を切るか、根っこごと吹き抜くかの方法で行いましょう。ちなみに20センチを超えてくると生育速度が非常に早くなってきます。

あまり大きくなってしまうと味が大味になってしまいますので、早めの収穫を心がけましょう。

 

 

 

また、幾株かを収穫せずに放置しておくと、花が咲きます。蕾は油いためで、その花もお浸しなどで食べれますので、全ての状態を楽しむことが出来ます。花は全部食べずに置いてけば種が取れますので、その種を使ってまた小松菜の栽培を楽しむことが出来ます。

 

 

初心者の方でも種まきから種の採取まで簡単に楽しむことができる小松菜は、家庭菜園で楽しむには打ってつけの植物であるといえます。

栄養も満点ですし、何よりも育てやすいのが特徴です。自分の家庭菜園で収穫した小松菜で美味しく楽しく料理も楽しんでください。

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2017 All Rights Reserved.