こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

自宅でも、美味しい『コーヒー』が飲みたいです!

2018/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

今回も、「コーヒー」のこだわりについて教えて頂きました!

 

 

『私のコーヒーへのこだわりについて』

 

私のコーヒーへのこだわりは、ブラックコーヒーにミルクを入れて飲むということです。

砂糖は入れません。

以前は「砂糖とミルクの両方」が入ったコーヒーを飲んでいたのですが、カロリーが気になって、ミルクだけにするようになりました。

最初は物足りなさを感じましたが、そのうちにだんだんとおいしくなってきました。

今は、砂糖を入れて飲むとしつこさを感じてしまいます。

コーヒーはアイス派で、ホットはほとんど飲みません。

また、昔は缶コーヒーを主に飲んでいたのですが、今はスーパーで売られている無糖のボトルコーヒーを愛用しています。

値段が安く、しかも量がたっぷり入っていて、とても重宝しています。

コーヒーのメーカーにはさほどこだわりはありません。

すべてのメーカーを飲んでみて、値段とおいしさのバランスがとれているものを購入するようにしています。

そこに市販のミルクを入れて飲むのですが、カロリーも気にならず、飲んだ後も気分が新たになります。

仕事時のよき気分転換としてコーヒーを利用しています。

最近は、あまり飲みすぎるとカフェインの摂りすぎになるので、その対策としてノンカフェインのコーヒーもたまにですが利用することがあります。

ノンカフェインコーヒーでも、カフェイン入りのコーヒーとそれほど差のないおいしいものがあります。

是非、みなさんも試してみて下さい。

 

 

『ミル付きコーヒーメーカーの魅力』

 

コーヒーメーカーを3台所持し、ほぼ毎日コーヒーを愛飲しています。

私が最も気に入っているコーヒーの淹れ方をご紹介させていただきます。

コーヒーメーカーは、シロカというメーカーのミル付き全自動コーヒーメーカを使っています。

【スポンサーリンク】

通常はお店で豆を挽いてもらい、お湯を注いでコーヒーを入れると思いますが、ミル付きのコーヒーメーカーですと豆をそのまま入れてスイッチを押すだけでおいしいコーヒーができあがります。

豆を入れる直前に挽くメリットですが、やはり香りが違います。

お店で挽いて、そのまましっかり管理をしたとしてもどうしても少しずつ香りが飛んでいってしまいます。

コーヒー豆を密封容器に保管し、淹れる直前に挽くことで香りの損失は最小限に抑えることができ、おいしいコーヒーを淹れることができるのです。

コーヒー豆は、カルディで買うことが多いのですが、期間限定で販売されているカナリオという豆が好きです。

こちらはホットで淹れるための豆ですが、ライトボディで酸味が少なく朝ごはんにぴったりのコーヒーです。

また、勉強や作業にも向いています。

フルボディが好きな人にはあまりおすすめできませんが、私のお気に入りのコーヒーです。

ぜひ一度お試しいただきたい逸品です。

 

 

『私はブレンディがやっぱり一番好きです!』

 

普段、あまりコーヒーそのものに関するこだわりはないのですが、自宅では昔からインスタントコーヒーを主に飲んでいました。

最近は、コーヒーメーカーを購入してしまったので、時々近所のスーパーで単なる廉価なだけのレギュラーコーヒーを使ってコーヒーを作っていることがあります。

コーヒーメーカーでコーヒーを作るのは正直面倒なのですが、1日、時間がある程度空いている時は、一回作ればほぼ丸1日もっていると思います。

あとは、普段は、あまり砂糖やクリープなどは入れません。

原則的にはブラックコーヒーを好んで飲んでいます。

外出先で砂糖やクリープが使えるような状況であれば、時々混ぜています。

 

昔若い頃は、僕個人が猫舌だったこともあり、アイスコーヒーを好んで飲んでいましたが、最近はアイスにするのが面倒くさくなったので、ある程度温度が落ち着いたホットコーヒーを飲んでいることが多いです。

ブレンディはコスト面というよりは、単なるこだわりだと思います。

以前はネスカフェのインスタントを使っていたこともありますが、最近はあまり使っていません。

あとは、基本的には100円かもしくはそれに近い価格帯のインスタントコーヒーはよほどの事情がない限り使いません。

やっぱり、ブレンディが一番です!

 

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2017 All Rights Reserved.