出会えて良かった!ふくしま花火大会!穴場スポット6選 | あかねいろ01

日常生活で役立ちそうな事や、興味がそそるようなさまざま事を集めました!

出会えて良かった!ふくしま花火大会!穴場スポット6選

2018/07/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

今年で、40回を迎える、「ふくしま花火大会」は、福島県の県都福島市で開催される市内最大の花火大会です。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もよろしくお願いします!

成功する隅田川花火大会の場所取りコツの秘密を知ってますか?

みなさん東武動物公園の花火イリュージョンはご存知ですか?

千葉県野田市の関宿花火大会をオススメするこれだけの理由とは?

知らなきゃ損!なにわ淀川花火大会の観賞のコツとは?

また岩手北上の【トロッコ流しと花火の夕べ】の季節がやってきました!

 

 

 

例年、7月の最終土曜日(雨の場合、翌日の日曜日に順延)に開催されます。

 

花火大会の開催時間は、午後7時30分から午後8時40分で、花火玉数約1万発が発射されます。

 

多くの花火大会観覧席の相場が、¥2,000円前後しますが、この花火大会の有料観覧席は、なんと¥800円と格安です。

 

ただ、座席が用意されている信夫が丘競技場には、わずか2,000席しかなく、午後17時に先着順で受付と、例年17万~18万人の人出があるなかで、観覧席を確保するのは、かなりの忍耐と困難がともないす。 

 

 

スポンサーリンク

 

そこで、私の「ふくしま花火大会」の穴場的スポットを6箇所ほど、ご紹介したいと思います。

 

1)新山霊園

 

会場からは、多少離れた霊園ところにあります。

霊園のなかということで、観覧マナーはしっかりと守る必要があります。

それと、霊園ということで、小さなお子様のいる方、怖がりの方は避けたほうが、賢明です。

 

2)阿武隈川対岸

 

 

対岸までは、徒歩で20分程度と、多少歩く必要がありますが、会場からは直線で1キロぐらいなので、会場と変わらない花火大会の迫力を味わえます。場所の確保も、会場付近とは比べものにならないほど、容易です。

 

駐車場も、対岸にあるスーパーマーケットで買い物をして停めておけば、徒歩数分の労力ですみます。

 

3)コマレオ・プラザ

 

花火大会は、大好きだけれど、夏の夜に外での観覧は、蚊などの虫刺対策もしないといけないし、ビールや食べ物を用意しなければならなくて面倒だ。

という人におすすめなのは、鎌田大橋にある、コマレオ・プラザ。

こちらは、有料で観覧席代だけで、¥2,000ほどかかってしまいますが、暑い福島の夏の夜をエアコンつきの快適な環境で、花火大会を見ることができます。

もちろん有料ですが、それなりに豪華な食事を楽しめます。

 

4)信夫山第二展望台、第三展望台

 

福島市の中心にそびえ、市のシンボル的存在の信夫山からも、当然花火大会を見ることができます。どちらかといえば、第三展望台のほうが、ギャラリーが少なく、お勧めです。

 

5)弁天山公園

 

会場からは直線で4キロくらい離れていますが、阿武隈山地の入り口にあたる弁天山公園からも、十分な迫力で花火大会を楽しむことができます。

会場付近より、スマホの動画で撮影する場合は、むしろこちらのほうが全体を映しやすく、車での行き帰りも、交通規制地域から外れるため、スムースです。

 

6)花見山公園付近

 

福島市で一番の集客を誇る、花見山からも花火大会を見ることができます。

 

 

なんといっても、駐車場が広いので、駐車場所を確保するのが、一番簡単です。

 

 

「ふくしま花火大会」穴場スポットを6箇所ほどあげさせていただきました。

 

 

しかし、ある調査によると、観覧者の満足度は、東北地方で数ある花火大会のなかでランキング7位と、かなり上位に食い込んでいる割には、知名度は低い。

 

 

「ふくしま花火大会」は、花火大会のなかでも穴場的存在で、場所の確保も、特別に屋外の椅子、テーブルセットを用意しなければいけないなどということもなく、非常に気軽に観覧できる花火大会だと思います。

 

スポンサーリンク

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.