こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

「マシニスト」という変わった映画は知ってますか?

2018/10/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

この映画、「マシニスト」の一番の良さは映像美ではないかと思います。

 

主人公の虚ろな日々に合わせるように、色合いやカメラの角度や様々な演出を、とてもこだわって作られているように感じました。

 

こちらの映画もオススメです!

インセプションという映画は知っていますか?

私はオススメします。映画マリフィセントを!

 

 

この映画の主人公は男性で、工場で働く作業員なのですが、見た目は痩せこけ、疲労感を感じさせる姿をしています。

一年間眠ることが出来ない、という状況が男性を追い詰めているようでした。

けれど、サスペンスという感じでもありません。

ホラーでもなく、淡々と進んでいく毎日が、少しずつ変化をしていくような、静かな映画です。

【スポンサーリンク】

 

静かですが、漠然とした不穏な空気も漂い続けます。

 

ちぐはぐなストーリー展開で、さっきまでいたはずの女性が別の人に変わっていたり、新しい同僚は怪しい男だったり、自宅の冷蔵庫には見知らぬメモが貼ってあったり。

話が進むに連れて、さらに理不尽な展開になり、主人公の居場所がどんどんなくなっていくのは、不気味でした。

 

しかし、主人公の過去が見えてきたときに、息が止まりそうになりました。

 

主人公を追い詰めていたと思っていた同僚の怪しい男は、実は存在すらしていません。
さらに、その男が所持していた車のナンバーは、一年前に自分が乗っていた車のナンバーでした。 

同僚の男と主人公にどんな因縁があるのかと、そればかり気にしていたので、本当に驚きました。

 

そこから一気に話が展開していき、主人公は忘れていた記憶を思い出します。

 

主人公は、一年前にその車で、男の子をひき逃げしていたようでした。

その記憶が形を変えて、過去から逃げる主人公を追い詰めて、現実を突きつけていたようです。

 

ラストシーンで、自首をした主人公が、檻の中で眠りにつく姿が、胸に突き刺さりました。

 

そのシーンは、幸せそうでも辛そうでもなく、やっと眠れると、それだけを思っているように見えます。

 

普通の映画だと、自分や罪を受け止めて前を向いたり、後悔はあるけど晴れやかな顔をしていたり、そんな終わり方をよく見かけます。

しかしこの映画は、自分の記憶を消しても、警察に追われていなくても、一年ずっと後悔で押し潰されても、逃げることは出来ないのだろうな、と思わされるラストシーンでした。

 

思い返してみても、やっぱり全体的にかなり暗い映画です。

けれど、その暗さを映像で詩的に表現しているから、この映画は心に残ったのかもしれません。

過激なシーンもなくはないので、そこだけちょっと好きになれませんが、それでも綺麗な映画だったなと思います。

ちなみに、同じ監督でもなく、映画ですらありませんが、Noel Gallagher の曲の、「The Death Of You And Me」のMVを映画にしたらこうなるんじゃないかなと、勝手に思っています。

とても人を選ぶ映画です。
けれど、切なくて綺麗なものが好きな方は、結構はまるんじゃないでしょうか。
なにか、真に迫るものがあるような映画でした。

 

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.