こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

映画『愛しのローズマリー』外見と内面のどちらを選ぶのか?

2018/10/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

 

2001年の少し古い映画なのですが、主人公の男性の見た目はポッチャリ体型の冴えない感じなのです。

 

けれども、いつも狙う女性はスレンダー美人ばっかりで、全く釣り合わないタイプの女性ばかりでフラれてばかりです。

 

こちらの映画もオススメです!

映画『ゾンビランド』最後にはハッピーエンドに!?

 

周囲の人からも高望みし過ぎている事や、釣り合っていない事、そして1番大切な外見ばかりではなく、中身も大切だという事を指摘されます。

 

それでも主人公は周りの人の言うことを全く聞きません。

そんなある時、テレビで有名な、心理カウンセラーと出会い興奮して質問や相談をします。

すると突然エレベーターが止まって、カウンセラーが落ち着かせます。

そして、女性の外見しか見れない主人公に、ちょっとした催眠術みたいなものをかけます。

 

 

その日から主人公はかわりました。

 

世間の太っている女性や、綺麗ではない、元々毛嫌いしていたタイプの、いつもとは真逆の見た目の女性を見ると、とても美人で輝いて見えるようになっていたのです。

と言っても、その事には本人は全く気づかず、本当にスレンダー美人と思い込んでいるのです。

そして、一人の女性と出会います。

女性はとても太っていて、とても綺麗とは言えません。

でも主人公にはとてもスレンダーで、美人にしかみえません。

なので彼女に声をかけた時も、凄く褒めます。

 

当然彼女は冗談だとおもうのですが、それでも主人公は本気で褒めているようなので、おかしな顔をします。

【スポンサーリンク】

 

 

そこから主人公の熱烈なアピールにより、無事に付き合うことになりました。

 

彼女の参加しているボランティア活動に一緒に参加して、そうゆう彼女の優しさや、温かさ、心の綺麗さとゆう、内面からの輝きを知って更に惹かれていきます。

 

 

ところが主人公の親友は突然おかしくなってしまった主人公を心配して、おかしくなった頃に出会ったカウンセラーに会いに行き、主人公に何をしたんだと問い詰めに行きます。

カウンセラーは最初は何もしていないとしらをきりますが、最終的に、ちょっとした催眠をかけた事を認めます。

 

そして親友は催眠を解く呪文を聞き、急いで主人公の元へ伝えにいきます。

その時主人公は彼女とレストランでデートしていたのですが、レストランで彼女が座っていた椅子が、彼女の体重に耐えきれず壊れてしまいました。

今までも何度も椅子が壊れる事があったのですが、主人公は店のせいだとクレームを言いに行きます。

その時に親友に催眠を解く呪文を教えられてしまいます。

そして催眠はとけてしまいました。

 

事実をしってしまって彼女をしっかり見る前に親友と家に帰ってしまいます。

 

そして、彼女とはそこからギクシャクして、すれ違い別れる事になります。

でも、別れてから、考えた結果、彼女の内面の美しさに惹かれていて、外見なんて関係なく、彼女が好きだという事に気づきます。

そして彼女の元へいきます。

 

真実の彼女を初めてしっかり見た時、太ってはいるけど、内面から溢れ出す美しさでとても美しいと感じます。

 

そして、改めて告白するのですが、彼女は遠くへボランティアに行くことに…。

だから付き合えないというのですが、実は主人公も一緒について行くと決めていました。

 

 

映画愛しのローズマリーは、とてもロマンチックで感動できる作品でした。

 

また、考えさせられる部分があり、それでもって、コミカルで吹き出してしまうような面白い場面もいっぱいあって、最初から最後まで飽きずに観れるので絶対お勧めです。

 

 

なんか、容姿に自信がない自分もなんか自信が湧いてくるような、とても素敵な映画だと思いました。

 

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.