こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

焦らず前を見ようと思える映画『めがね』知ってますか?

2018/10/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

私がオススメする映画は「めがね」です。何故なら前に進む勇気が出るからです!

 

こちらの映画もオススメですよ!

胸いっぱいになる高倉健主演映画「ホタル」知ってますか?

 

観ようと思ったきっかけは、もたいまさこさんか出演されていたからです。

私はもたいまさこさんの大ファンで、あのゆったりとした口調や醸し出す空気感が大好きです。

そんな大好きなもたいさんの出ている映画なので観ないわけにはいきません。

 

舞台は南の島、与論島です。

与論島には行ったことがありませんが、映像を見ているとため息が出てしまうくらい綺麗な風景でした。

特に海が素晴らしいです。

海ってこんなに透き通っているんだとびっくりするくらい透明でした。

きっと深海でも底が透けて見えるんだろうなと思えるくらい綺麗でした。

 

主演は小林聡美さんで、タエコという役名です。

都会の生活に疲れたタエコがひとり旅に選んだ場所が与論島でした。

与論島は携帯の電波が届きません。

そのことを知って、彼女は与論島を選んだのでした。

泊まる予定の旅館には光石研さん演じるユージがいます。

【スポンサーリンク】

ユージが旅館を経営しているのですが、お客はタエコ以外おらず、まるで時間が止まっているようです。

 

その旅館に春の季節だけお手伝いに来るのがもたいまさこさん演じるサクラでした。

 
サクラはとにかく謎多き人物なのですが、サクラと出会った人はみんなサクラのことが大好きになるのでした。

 

一人になりたくて与論島まできたのに、何かとサクラやユージがタエコに話しかけてきます。

はじめはそんな二人のことを鬱陶しく感じていましたが、あることをきっかけにタエコは心を開きはじめます。

 

その心を開いた瞬間を描いたシーンが私は大好きです。

道に迷ったタエコをサクラが荷台付きの自転車で迎えに来るのです。

言葉なく、バックミュージックだけがかかっていますが、二人の言葉のない会話が心にすごく響きました。

私はこのシーンを観て、サクラの魅力がわかりました。

私がもしここにいても、サクラのことを大好きになっているでしょう。

 

ちょうどこの映画を観た時、私自身色んなことがうまくいかず悩んでいました。

タエコと同じように、煩わしい人間関係から逃げたくなっていました。

 

だからサクラが残していく数々の言葉に心を打たれ、涙しました。

サクラの言葉で一番好きなのが、サクラが旅館で小豆を煮ている時のことです。

近寄ってきたタエコに出来立てホヤホヤの小豆をサクラがスプーンにすくって渡します。

 

一口食べて美味しいと笑うタエコに、サクラは伝えました。

「大切なのは焦らないこと。焦らなければそのうち、きっと。」

 

時に優しい口調で言います。

小豆を煮るのは結構な根気が要ります。

弱火でコトコト根気良く。

それは、今のタエコの心情を現しているように思いました。

私もこの言葉にすごく救われ、今のペースで、焦らず少しずつ前を見ようと思えました。

時間の止まった、というか時間の感覚を忘れてしまう黄昏の映画です。

 

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.