こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

オススメのスポットです!【旅行に行くならココ】口コミ6選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

 

1.今しか行けない世界遺産の街、カリブ海の楽園・キューバ

 

私はこれまで地球を4周した経験があります。訪れた国や地域の合計は55以上になります。旅行初心者から上級者、また目的によりおすすめする場所はそれぞれ違いますが、誰にでもどの年代でもおすすめできるのはカリブ海の島、キューバです。ここは50年以上もの間経済封鎖を受けてきたために、最新の近代文化が入っていません。マクドナルドやスターバックスなどのお店もありませんし、最新の車も走っていません。60年代のアメ車が今でも現役で走っています。経済封鎖を受けてきただけあり、キューバには自分たちの独自の文化が存在します。そのため、同じカリブ海の他の国よりも経済力はないのですが、医療、教育など、国が多大な力を入れているところは世界でもトップレベルです。また、経済封鎖によって誰にも助けてもらえなかったので、自分たちで生きていくという想像力と豊かさがあります。「たった1度の人生、踊って楽しく過ごす一日の方が幸せ」というのがキューバ人の考えですが、これは経済封鎖によって周りに助けを求めることかさができなかったからこその独自の考えなのだと思います。キューバの魅力はそこに住む人との出会いにも醍醐味はあります。そして、もう1つが先ほども紹介した「最新の近代文化」が入っていない街の様子です。首都、ハバナは街として世界遺産に登録されているほど60年代当時の様子は貴重です。しかし、アメリカとキューバの国交が回復した今となっては「最新のアメリカ文化がキューバに入ってくるのも時間の問題」と言われています。数年後にはマクドナルドやスターバックスが街のあちこちにあり、車は全て最新のもの、という時代が近いうちに来るでしょう。「60年代のキューバ」を現代で感じられるのも時間の問題なので、「今しか行けない観光地」としてのキューバをおすすめします。

 

2.アメリカのロサンゼルスとラスベガスの旅グランドキャニオン付き

 

アメリカへ、成田空港より、やく13時間の旅。
まずは、ロサンゼルスから行き、4泊します。
ロサンゼルスは、リトル東京と言って、まるで東京都にいるかのような、雰囲気で、日本人向けのレストランやお店が立ち並んでいます。
治安も良く、周辺は安全性が高い方です。
少し、バスやタクシーで出ると、治安の悪い地域もあるので、よく知っている人と同行したり、ツアーなら、安心だと思います。
夜のバーなども日本人の観光客や、現地で働いている方が多いため、安全でした。
ただ、日本語で充分過ごせるので、海外旅行に来た感じがあまりしないので、がっつり海外旅行が楽しみたいかたは、少し物足りないかもしれません。
ロサンゼルスには、ユニバーサル・スタジオや、ディズニーランドや、大きなアウトレットのショッピングセンターなどもあるので、観光は、間違いなく楽しめます。
ハリウッドなんかも迫力を感じることができます。
続いて、ラスベガスですが、まさに空港からカジノ三昧です。
好きな人にはたまりません。
ラスベガスは、各ホテルでのショーも見所のひとつで、ただで見ることができるショーもたくさんあるので、とても楽しめます。
一通りショーを見た後は、カジノ三昧です。
カジノのスタッフさんたちは、観光客の私達には、とても親切で、ルーレットなどでは、あえて勝たせてくれることもあります。
結局、スロットで全部持っていかれましたが、普段では味わえないギャンブルの世界にワクワクできました。
そして、セスナに乗って、グランドキャニオンに向かいます。
さすがの世界遺産です。
さすがの迫力です。
あまりの雄大な景色に言葉もでないくらいの感動を味わう事ができました。
まだまだ、自分はちっぽけだなーと色々考えさせられる、いい旅でした。

 

3.雪国へ冬だけ行くのはもったいない。夏の雪国もおすすめ。

 

私は新潟県出身です。
誰もが知っているように新潟県は豪雪地帯で有名であり、冬になると約2メートルも雪が積もる地域もあります。
豪雪地帯であるため、やはり冬はスキーやスノーボードの観光客で賑わいます。
特にスキー場で有名な越後湯沢は東京から新幹線で一本と交通の便も良く、スキーやスノボ利用者のためにウェアや道具を貸してくれる施設も増えているので手ぶらで行くことも可能です。
仕事帰りの週末にスキーやスノボを楽しむツワモノも増えているようです。
このように新潟イコール冬が観光シーズンというイメージを持たれている方も多いと思いますが、真逆の夏が観光にオススメです。
私たち新潟県民は冬の温泉旅行ももちろん好きですがゴールデンウィークや夏休みに温泉旅行で越後湯沢へ行くことが多いです。
越後湯沢のシーズンはやはり冬です。
そのため、ゴールデンウィークや夏休み期間の宿泊料金はだいたいお手頃価格な設定になっています。
極寒の中の露天風呂も確かに最高ではありますが、暑い季節に少しぬるま湯の露天風呂に長時間浸かってゆっくり汗を流すことも意外にも気持ちいいのです。
越後湯沢にあるホテル双葉という有名なホテルでは露天風呂の種類が本当に豊富です。
そして露天風呂の温度にも特徴があり、少しぬるま湯に設定されています。
熱いお風呂も気持ちいいのですが、熱すぎるとゆっくりできません。
ホテル双葉のようなぬるま湯であれば長時間ゆっくりと景色を楽しみながら露天風呂を楽しむことができるのです。
こうした工夫は温泉の街ならではだと思います。
北海道の豪雪地帯は冬は寒く厳しいですが、夏は心地よい涼しさがあることで有名です。
また長野県も同じように冬は豪雪地帯で夏は涼しい避暑地として有名です。
しかし、新潟は冬は極寒であるにも関わらず、夏はフェーン現象の影響を受けやすく猛暑になりやすい地域です。
夏に新潟へ来た県外の方たちは口々に「新潟は意外と暑いんですね」と言うほどです。
しかし、そんな暑い新潟ですが越後湯沢は山の中です。
自然豊かで綺麗な清流もあります。
新潟県の中では気温が低い場所でもあることは意外と知られていません。
避暑地で有名な長野は夏になると県外の方たちで賑わいます。
しかし、夏の越後湯沢は静かで、涼しく、そしてお得に過ごせます。
冬のイメージが定着していますが、夏の観光にオススメです。

【スポンサーリンク】

 

 

4.愛媛で温泉と海渡るサイクリングを楽しむ癒しの旅を!

四国に行ってみたい方へ、愛媛への旅行をオススメします!

私は東北地方に住んでおり、東北各県や北海道、関東方面は比較的旅行に行きやすく、ちょくちょく旅したことがありますが、関東以西はなかなか行く機会がありませんでした。

友人に誘われたことをきっかけに、愛媛へ行きましたが、誘ってもらってすごく良かったです。
行く前は、みかんくらいしかイメージがありませんでしたが(愛媛の皆様ごめんなさい。)、見所がすごく多かったです。

まず、松山市内の道後温泉です。
大変有名な温泉ですが、申し訳ないことに、私は行くまで全く知りませんでした。
日本最古の温泉だそうです。
まず建物が歴史を感じる建物でした!
私は、建物に詳しいわけではありませんが、変わった建物を見るのが大好きなので、すごく面白かったです。
古さに味わいを感じました。
千と千尋の神隠しにでてくる湯屋に近い印象です。
あと、ユニークだったのが、お風呂の後、すべての客にお茶とお菓子を出してくれるところです。
お風呂上がりに休める場所があること自体は珍しくありませんが、味のある部屋の中で、高台にのったお茶を出してもらうと、格別に心をリラックスすることができます。

松山城も必見です。
敷地は広く、お城も広いので、ゆっくり散策するのがおすすめです。
がっしりとした天守閣には威厳を感じます。

グルメのオススメは、鍋焼きうどんです!
愛媛の方は真夏でも鍋焼きうどんをいただくそうですよ。
私が行ったのも夏でしたが、お昼過ぎでも満席でした。
人気グルメなんですね。
アルミ鍋のような小鍋に入ったアツアツのうどんは、出汁がおいしくて、うどんもツルツルと満足でした!

松山のほか、レンタカーでしまなみ海道へ行きました。
しまなみ海道は、愛媛と広島を結ぶ橋で、島をいくつかつないでいます。
車で渡るのも楽しかったですが、自転車をレンタルして島1つ分走ってみました。
これが気持ち良かったです!
島を出たばかりの道は上り坂でちょっときついですが、平らなところにでると、青い海と、橋と、空とで最高の景色と風を楽しめます!

ぜひ愛媛に行ってみてください!
きっと満足しますよ。

 

5.沖縄県北谷町にある商業施設、アメリカンビレッジ

 沖縄県北谷町にあるアメリカンビレッジという観光地があります。その名の通り、米軍基地が近くにあるので、飲食店も人もアメリカ系がたくさんです。
そこで食べたT-ボーンステーキは日本では食べられないような大きさと歯ごたえと美味しさでした。価格もそれほど高くはありません。
雑貨も種類がたくさんあり、沖縄を感じさせられるようなお店がたくさんありました。
私は、アメリカンビレッジに隣接するビーチタワーホテルという所に宿泊しました。彼女の誕生日という事で宿泊したのですが、着いたらフロントのスタッフから誕生日という事なのでこちらからのサービスで階数をアップし角部屋にさせて頂きました。と粋なサプライズをしてくれました。部屋に入ると、ハッピーバースデーと書かれた風船がベッドに置いてありました。ベランダからはアメリカンビレッジと海が綺麗に眺める事ができました。
夜になるとアメリカンビレッジにある観覧車がレインボーに光るので、夜も景色は抜群でした。
すぐ目の前がプライベートビーチなので、朝起きてすぐに水着のまま海へ行きました。海も浅くて透き通っている為、アメリカンビレッジを遠くに見ながらずっとプカプカしていました。
結局2日目もアメリカンビレッジで食事をしました。
おしゃれなバーもたくさんあり、ヤシの木も植えられていて、南国を感じさせられました。
恐らく、地元の人よりも観光客や米軍が多かったと思います。
アメリカンビレッジの観覧車に乗ってみたのですが、アメリカンビレッジを上から見ると、車が大体外車で、ゲームセンターや映画館があるので意外と人が多い事に初めて気付きました。
那覇とかに泊まるよりも、少し離れた北谷町に泊まって、昼と夜に違う雰囲気のアメリカンビレッジを見るのもいいかもしれません。

 

6.南国の楽園なのかもしれませんが。やっぱりここかな。

 

旅行というよりは短期滞在で宮崎と沖縄に行きました。
両県ともに南国といえるところですが。
住むには最低賃金の兼ね合いとかで難しいところはありますが。。。
沖縄、宮崎ともに海がやっぱり魅力的。
サーフィンをする人は宮崎はやっぱり最高の聖地だと思います。
日向灘で有名な沿岸は波は普通にいい感じ。
それだけでなく、野球好きには春の時期はキャンプはよくやられる場所、秋には二軍の試合もよくやっている。
マンゴーや地鶏も有名。
宮崎市内じゃないところであれば時間がゆったりとしていていいと感じます。
1番のオススメは日向周辺。
チキン南蛮の発祥と言われるところがあったり神さんが降り立った所と言われる神社が沢山。
次に沖縄はほんと仕事が観光しかない。といっていいぐらいの観光県。
海が綺麗だし潜るにはもってこい。
しかし観光県、沖縄タイムと言われるぐらいにやっぱり時間の流れがゆったりっていうのを感じる。
首里城や美ら海水族館など観光名所が沢山。
また、独特の食文化があるからほんとに合う合わないがはっきりするかと。
合わない人はほんとに地獄の地。
よく言われるのが豚文化であったりチャンプ系の油たっぷりな感じ。
霊感が強い人は戦争の記憶が残る場所として心霊がみえるという人も。
四国や関東方面も旅行としていいかもしれませんが地震や台風での天災で被害が多い、九州.沖縄地方の観光がオススメです。
お金、時間に余裕があり、電車に興味がある人は九州一周を楽しめ、ご当地のいい食材を食べることができる「ななつぼし」という寝台列車に乗ってみる価値ありだと思います。
もうすぐ復活ということもあり以前よりさらにパワーアップした形で乗れると思います。
南国といって、この2県かもしれませんがやっぱり九州がいいと感じます。

【スポンサーリンク】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.