日常生活で役立ちそうな事や、興味がそそるようなさまざま事を集めました!

日本を代表するイルミネーション「仙台光のページェント」とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

冬の一大イベントと言えばクリスマスと正月が定番ですね。

日々忙しい現代人にとっても、つかの間の休みを満喫できる時期ではないでしょうか。

 

仙台光のページジェントとは?

仙台光のページジェントは、日本初の街路樹イルミネーションとしても知られていて、開催期間は、例年12月上旬から大晦日までと長く、50万個以上を誇るLEDの個数多いのが魅力的です。

 

そんな光のページェントの見どころや魅力について紹介します。

 

仙台光のページェントの開催概要について

公式サイトでは2018年のイベント内容については発表されていませんが、開催期間中は250万に以上の来場者がある仙台七夕に匹敵するビックイベントです。

運営は地元ボランティアが行っていて、手作り感の強いのが特徴的です。

期間中は、街路樹が明るいイルミネーションに照らされ、普段とはまた異なった街の表情を見せてくれます。

その中でも見逃せないのが、「点灯式」ですね。

カウントダウンとともに、ケヤキ並木が一斉に点灯されるシーンは、ワッと驚かされるものがあります。

 

一つのイベント

「スターライト・ウインク」はイルミネーションが一旦消灯し再び灯りが鮮やかに点灯する瞬間は見もので、周りからはワッと歓声が立ち上がります。

それ以外にも、スケートリング場が開設されたり、出店が出たりと盛りだくさんのイベントがありますよ。

通り沿いには、ページェントを真下に見下ろせるお洒落な飲食店も多くあるので、ぜひとも立ち寄ってみたいスポットですね。

 

ページェント期間中の食事事情について

牛タンや冷やし中華などでも全国的に知られている仙台。

期間中は、忘年会時期と重なるので会場地とその周辺は地元の人間でも混み合います。

【スポンサーリンク】

ふらりと入ってまともな食事をするのは、不可能に近いですね。

特に週末となると多くの人たちで街中はごった返します。

 

確実な方法は、気になった店を見つけたら予約することをオススメします。

多くの観光客が訪れるので、仙台名物が食べられる店は混雑必至です。

渋滞を避けるなら、エリアを変えて仙台絵周辺などに変えた方が良いかもしれません。

こちらの方も、アクセスしやすいので、特に夜になると飲食店は多くの人たちで混みますね。

会場地からはやや距離が離れているので、気持ちですが幾分混雑から解消されますよ。

 

ページェント会場へのアクセス方法について

近くには多くのコインパークがありますが、空いているところが見つかればラッキーと思えば良いほど混雑します。

そんな時は会場とは反対方向にある、仙台駅東口との駐車場を利用するのです。

東口にも多くの駐車場があるので、地元民はこちらを利用します。

会場は定禅寺通りになりますが、歩けない距離ではないものの徒歩で25分はかかるのでやや遠いなと感じがします。

特に冬の寒い時期だと、地元民でも歩くのが億劫だなと感じる時もあります。

そんな時は、地下鉄を利用します。

仙台駅東口から地下通路を通ってエスパルを通り越し真っすぐに進むと地下鉄仙台駅に着きますので、そこで地下鉄南北線に乗って勾当台公園で降ります。

観光客だけでなく地元民も利用するので、混雑している場合は数本乗れないこともありますね。

まとめに

仙台光のページェントは日本でも代表的なイルミネーションと知られていて、毎年多くの人が見物に訪れます。

街並みを幻想的で色鮮やかに照らす光の回廊を思う存分に味わってみませんか。

普段とは異なった、思い出に残る年末年始を過ごせ満喫できますよ。

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.