こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

セーターが苦手な理由は?静電気?洗濯の仕方?どうしたらいいの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

セーターは、着るのが好きな人と嫌いな人がいます。

セーターにはおしゃれなセーターがいくつもあるけれど、毎日着たいと思わない人もいます。

理由はセーターを着るところに原因があり、セーターに不満面もあるからこそ着るのが苦手になってしまいます。

 

セーターが苦手な理由を考えてみました。

まずセーターの一番気になるところというのは何かというと静電気です。

人によって肌質も違うし、セーターの静電気に弱い人もいます。セーターの静電気でちくちくすると肌がかゆくなったり、着心地が悪くセーターをすぐ脱ぎたくなる人もいます。

外は寒いのにセーターを脱いでしまうと他の洋服がよくなってしまい、セーターを着なくなります。

セーターの静電気の加減で心配している人もいます。

 

ではセーターの静電気を防ぐにはどうすればいいか?

その答えは、柔軟剤を使用します。

柔軟剤を使うことで静電気の強い部分が少しよくなり、比較的柔軟剤を使う前より着心地がよくなります。

こうすることで静電気の悩みは防ぐことは出来るし、少しだけ問題が解決します。

しかし他にもセーターが苦手な人もいます。

 

それはセーターの洗濯表示に問題があります。

同じようなセーターがいくつ並んでいても少し物が違うだけでセーターの洗濯表示にはかなり違いがあります。

例えば問題なのが洗濯でも手洗いでも出来ず、全てクリーニングに出さないといけないものもあります。

【スポンサーリンク】

毎回クリーニングに出してしまうとお金がいくらあっても足りなくなってしまい、大変なことになります。

では手洗いか洗濯表示ならどれでもいいかというと、そういうわけでもなく、洗濯や使っている素材によっては縮むものもあります。せっかくいいセーターを買ったのに縮んでしまうのも不満点があります。

セーターが洗濯を出来ても弱にして洗わなければいけなかったりするため、わりと他の洗濯物とは別に洗ったり色が出ないように工夫しなければいけないこともあります。

従ってセーターを着るのも嫌になってしまう人がおり、大変に思っている人がいます。

どうすれば解決出来るかというと、洗濯表示も大事ですが、買うときに使っている生地の素材を確認して買うことをおすすめします。

例えば綿だけだとしわがよってしまう、ポリエステルだと乾きやすい、アクリルなら縮みにくいなどの性質を利用して買うと、セーターも安心して着ることが出来るようになります。

 

 
セーターを買うときは表示にも気を付けないといけないし、大変です。

だから余計にセーターを着るのが面倒になったり嫌になってしまい、さらに肌の体質が悪いとセーターを買わなくなってしまうこともあります。セーターを着るにはいろいろ知識も必要だから大変です。

一部の意見もありますが、セーターは首が回りにくいものもあったり毛玉が出来やすくお手入れが大変なものもあります。これらも含めて表示に気を付けて買うようにするとよりいいセーターを購入することが出来るようになります。

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.