こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

チクチクするのが苦手だけどセーターを着たい!どうすれば良いのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

首周りなどがチクチクするのでセーターは苦手と感じる人は多いです。

しかし、冬の寒い時期にセーターのような分厚い洋服は重宝します。

セーターを着たいけどチクチクが気になるから苦手だと感じる人に向けて、チクチクしないセーターの選び方や着方をアドバイスします。

 

1つ目のアドバイスは

 

「セーターの下に着るインナーはコットンやシルク素材を選ぶこと」です。

何も着ない状態でセーターを着ることはせず、インナーを着てその上にセーターを着用することになりますが、そのインナーの素材によってチクチクした不快感を発生させます。

インナーとしておススメの素材はコットンやシルクなど肌への摩擦や刺激が少ない素材を選ぶことです。

最近では素肌にまとえるくらいの肌ざわりの良いセーターも増えていますが、肌に直接セーターが密着すると肌に刺激を与えてしまいチクチクやかゆみを酷くします。

コットンやシルクなどのインナーを着用してからセーターを着ることで肌に直接セーターが触れないようになるのでチクチクや痒みを抑えることが出来ます。
また、インナーを着ることでセーターの汚れや傷みも軽減出来ます。

セーターに着るインナーは何でも良いと思っている方も多いですが、チクチクや痒みの原因はインナーの素材も関係している可能性もあります。

インナーの素材選びを知っておくことで肌への刺激を減らし、快適にセーターを着ることが出来ます。

 

アドバイス2つ目は

 

「ゆったりめのシルエットのセーターを選ぶこと」です。

【スポンサーリンク】

ぴったりめのセーターを選んでしまうと、通気性が悪くなり、汗をかくことで肌への刺激を増やしチクチクや痒みを感じやすくなります。

チクチクを感じる原因はセーターのサイズがタイトなものも一つの要因です。
ぴったりしたサイズのセーターはインナーを着用していたとしても肌への密着がゆったりしたものと比較して高くなります。

密着度が高くなることで肌にセーターが触れて、通気性も悪くなるので汗がこもり、汗によってチクチクや痒みも悪化し不快感を感じやすくなります。

チクチクしないセーターを選ぶポイントとして、普段着ているサイズよりもワンサイズ大きいゆったりめのサイズを選び、インナーを着用しても肌への密着がより防ぐことがチクチクや痒みなどの不快感を減らします。

また、ニットを選ぶ時にカシミア素材がおススメです。
カシミア肌に優しく、かつ暖かさもあるので冬の寒い時期の強い味方になってくれます。

 

アドバイスをまとめると・・・。

よって、セーターを着るとチクチクするから苦手な方はセーターの下に着るインナーやセーターのサイズの選び方を見直す必要があることが分かります。

コットンやシルクなどの素肌に触れても刺激が少ない素材をインナーとして着用し、その上から着るセーターは普段着ているサイズよりのワンサイズ大きいものを選ぶことで、肌に優しく、直接触れるリスクを減らすのでチクチクや痒みの不快感を減らし、セーターが苦手な人も快適に着ることが出来るようになります。

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.