こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

【大根おろし】ただの薬味と思ったらあなどれなかった。その理由は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

大根おろしは大根をすりおろしたもので主に日本料理の薬味として使われます

卸し方は普通に卸し金おろし器フードプロセッサーですりおろせばいいのですが鬼おろしという大根おろし専用の粗いおろし金もあり水分があまり出ず植物繊維が損なわれない風味が落ちないということで大根おろし通に喜ばれる道具もあります

 

金気が気になる人は陶器のおろし器を使ったりもして大根をおろすにも色々と凝る方法があるんですよ

 

大根おろしの独特の苦味は?

大根は煮物に使われることが多く独特の甘みがおいしいのですが大根おろしにすると辛味が出てきます

この効果で焼き魚や生ガキなどと一緒に食べると臭味抜きの役目をはたしておいしくしてくれるのです

この大根おろしの辛みは辛み成分アリルイソチオシアネート芥子油によるものですが大根をすりおろしたり切って細胞が壊れることで化学反応が起こって出来る成分なのです

また大根の葉っぱ近くより根っこの方が辛いとか夏に収穫された大根の方が冬に収穫された大根よりも辛いと言われています。

 

大根が辛い理由はなぜか?

辛み成分のイソチオシアネートが根っこの先端になるほど含有量が多く葉っぱに近い部分の10倍にもなるからで若い大根に多く含まれていて成長すると減少するという化学的な証明もされています

 

この大根の辛み成分は食欲増進効果もあります

大根おろしの辛いのがお好きな方は大根の繊維を断ち切るようにおろすことでいっそう辛味が増します

皮付きの大根の根っこの方を力をこめて一気にすりおろすそしておろした5分程度で辛みがピークになりその後減少するので食べる直前にすりおろすとよいでしょう

【スポンサーリンク】

 

大根の辛いのが嫌いな人はどうしたら良いの?

辛いのが嫌いなお子さんなどがいらっしゃる方は葉っぱに近い首の部分の皮を厚めにむいて大根おろしにしましょう

そしてゆっくりと円を書くように繊維に沿っておろすと細胞が壊れにくいので辛味が抑えられます

またおろした大根にお酢をたらしたりちょっと加熱してしばらく置くと甘みが増して食べやすくなります

 

大根おろしは消化を助けるの?

そして大根おろしは消化を助ける働きをするので肉や魚などの動物性たんぱく質と一緒に食べるのがおすすめです

大根おろしに医者いらず言われているそうで健康に良い成分がたくさん含まれているのです

ビタミンCが大変豊富ですが中身よりも大根の皮に2倍多く含まれているので皮ごとすりおろして食べるのがおすすめです

 

大根には殺菌効果があるの?

その他にはカリウムデンプン分解酵素のジアスターゼそれにアリルイソチオシアネートには殺菌効果があるので刺身や弁当の抗菌シートとして利用されています

刺身のつまに大根は理にかなっているのですねまた肝機能回復疲労回復成長促進集中力向上などの効果のある必須アミノ酸のリジンが含まれています

ということなので病気のときにも大根おろしは活躍します

 

大根おろしをしぼった汁でうがいをするとどうなるの?

イソチオシアネートの殺菌効果で口内炎や虫歯歯肉炎などの口の中の炎症がおさまる効果があります

またこのしぼり汁に蜂蜜を加えて飲むと咳や喉の痛みや声枯れそれに二日酔いに効果があると昔からの民間療法もあります

大根おろしは冷凍保存も出来ますしこれだけの効果があるのですから面倒がらずにすりおろしてどんどん召し上がると健康になれる優れものです

是非大根おろしを見直してあげてくださいね

 
【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.