こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

風味アップにあると便利な大根おろしの楽ワザと保存には冷凍とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

大根おろしがあると格段に美味しく食べられます!

秋も深まりそろそろ鍋物シーズンがスタートしましたね皆さんはお鍋に薬味を添えますか? 

私は大根おろしの薬味をお鍋に添えてます!

最近は個性的な鍋つゆも多いので別にそのまま食べてもおいしいですがシンプルな寄せ鍋の場合ちょっとネギとか生姜大根おろしがあると格段に美味しく食べられるんですよねー

特に大根おろしは鍋だけでなく焼き肉などの肉料理に添えてもさっぱりしますし含まれる酵素で消化を助けるんだとか。 

 

大根が安い時に多めに作って保存できればいいですよね

大根を買ってきて皮をむきおろし器で下すのは正直ちょっと面倒くさい

なるべく効率的に作りあわよくば保存もしてしまう方法を探してみました

ところで大根おろしって時々すっごく辛くなりません

せっかく添えたのに意外と激辛で残しちゃうとかもったいないですよねあの辛さが記憶にあるのでまずあの辛さを何とかならないものかと調べてみました

 

大根おろしのあの辛さを何とかするにはどうしたらいいの?

 

何でもあの辛味の成分は細胞が潰れる時に化学反応によって多く発生するそうです

辛味を抑えるためには出来るだけ細胞を潰さず繊維を切らないように繊維に沿っておろすといいそうです

ということはよくやるように輪切りにした大根の切り口をおろし器に当ててはダメってことです

ちょっと長めに筒状に切った大根を縦に三等分しイチョウ型の切り口のが3本取れますね内側をおろし器に当てておろすと繊維に沿っておろせる接する部分が広いのですごく早くおろせます

 

こうやっておろした大根おろしはなるほど落ち着いた甘味があるように感じました

また大根の辛み成分は熱に弱いので上記の方法でも辛い場合は数十秒電子レンジにかけると消えるそうです

【スポンサーリンク】

かけすぎは禁物ですが・・・

手を怪我しているとかの理由でおろし器を使いたくない場合はフードプロセッサを使う方法もあります

専用の刃が付いていたり別売されている機種もあるので持ちのフードプロセッサを調べてみましょう

 

大根おろしの保存方法は知ってますか?

さて食べやすい大根おろしがたくさん出来たので今度はこれを保存する方法を知りたいですね

実は大根おろしは冷凍できるんです

上記の方法で1度にたくさん作って使いきれない分を冷凍しておけば大根おろしを使う献立もたてやすくなりレパートリーが広がります

 

大根おろしの冷凍方法はどうするの?

冷凍方法は簡単で製氷皿に入れて凍らせるだけです

凍ったらキューブ状の氷大根おろしをジップロックに入れて冷凍庫で保管すれば次回少量ずつ使えます

製氷皿を使わず大根おろしを直接ジップロックに入れて凍らせてもOK

利用する時は冷蔵庫移動させて半日くらいで自然解凍するか様子を見ながら電子レンジで加熱しても大丈夫です

夏場ならあえて解答せずキューブ状のを冷しゃぶに氷代わりに使うのも良さそう

便利な冷凍大根おろしですがあまり長期間冷凍しておくとやはり食感が悪くなるので冷凍した日付をメモしておくと良いですね

 

大根おろしのもう一つ保存の裏ワザは?

冷凍保存するほどではないけれど都合で大根をおろすのが食べる時間よりも数時間早くなってしまうというような場合はお酢数滴入れて冷蔵しておくと変色も防ぎ風味も新鮮なまま保管できるようですよ

お酢は味が分かるぐらいたくさん入れる必要はありません

ほんの数滴で大丈夫なんです

以上便利でおいしい大根おろしを気軽に作って賞味するための方法をご紹介しました

みなさんも是非試してみてくださいね!

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.