こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

大根おろしの辛みが苦手な方に紹介します☆辛みを抑える方法をとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

大根おろしはおろし方によって辛みが減ったりなど味に変化が生まれるのは知ってますか?

『大根おろしは辛いので苦手!』そんな方も実は多いです

そんな方に大根おろしが辛くなりにくい取っておきの方法を教えます!

 

辛くない大根おろしの作り方とおろし方をあなたは知ってますか?

大根おろしの辛みを増やしてしまう原因は、おろす時にゴシゴシと力を入れてしまうことなんです

大根をおろす時に力を入れると辛みが増えて辛みの強い大根おろしとなってしまいます

ゴシゴシと力を入れると水分の少ない大根おろしに仕上がります

水分が少ないと辛み成分が大根にとどまってしまうのでその結果、辛みが残ります

また大根は葉っぱのない下の方は辛みが強く葉っぱのある上の方は辛みが少ない特徴があります

下の方の部位をおろすと辛みが強く仕上がりやすく上の方の部位をおろすと辛みが抑えられます

さらに大根がしなしなになって鮮度が落ちると辛みが強くなる傾向があるので辛みが強くなる原因として大根自体の鮮度が落ちている可能性もあります

 

大根おろしの辛みを抑えたいなら新鮮な大根を使うと良いこと知ってますか?

大根おろしの辛みを抑えたいなら是非、鮮度の良い新鮮な大根を使うと良いです。

ここまで見ると大根おろしを作る時に力が入ること葉っぱのない下の方をおろすこと鮮度の落ちた大根を使うことで辛みの強い大根おろしになりやすいことが分かります

 

辛みの少ない大根おろしにするには実際にどのようにおろせば良いのかを紹介します

まず葉っぱが付いている上の方を使います

おろす時にゴシゴシ力を入れると辛みが強くなるので辛みを弱めるには力を入れずに優しくゆっくりと下ろすと辛みが少なくて食べやすい大根おろしができあがります

力を入れずにおろすポイントは円を描くようにゆっくりと動かすことです

【スポンサーリンク】

おろす時に円を描くようにゆっくりとおろすと大根の繊維がつぶれて水分と共に辛み成分が出て細胞も壊れるので辛み成分の生成を抑えてくれます

大根を円を描くように優しくすりおろすことで水分が多く出て辛み成分も一緒にやすくなります

優しくおろすときめ細かい仕上がりとなりふわふわの大根おろしになります

大根の葉っぱのある上の部分はもともと水分が多く甘みが強いところで

甘みの強い部位を円を描くように優しくおろすとマイルドで食べやすい大根おろしに仕上がりやすくなります

 

大根おろしは、おろしたては辛いって知ってますか?

大根おろしはおろしたてが一番辛みが強いのでおろしてすぐに使うのではなく10分くらい放置してから使うと辛みがマイルドになります

葉っぱが付いている上の部位を円を描くようにゆっくりと動かしおろした後に10分置いてから使うと大根おろしの辛みが減り食べやすくなり大根おろしが苦手な方も食べやすくなります

 

大根おろしの辛さを抑える方法は他にもあります。その方法は?

おろす前に大根をぬるま湯に3分ほど置いておく方法電子レンジで温める方法があります

大根をぬるま湯につけておくと辛み成分が溶け出して辛みを減らせます

電子レンジで温めると大根おろしは甘みが増し辛みが抑えられます

大根おろしは辛いものだと諦めてしまうことはありません

辛くない部位おろし方を知っておけば食べやすい大根おろしに仕上げることができます

大根おろしは部位やおろし方によって辛みの有無が変わるので大根おろしの辛みが苦手な方は辛み成分を抑える方法を取り入れることで美味しい大根おろしが作れるようになります

是非一度みなさんもこの方法で大根おろしを作ってみてくださいね!

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.