こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

成人の日に振袖を着るようになった理由と振袖を持つ意味については?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

成人式に振袖を着るようになった理由は?

振袖は人の縁や魂を呼び寄せる清らかなものとされており大人への仲間入りを自覚する成人の日に着ることで子供から大人へ成長したという感謝と報告を伝えるという意味で振袖を着るようになったと言われています

また振袖は袖が長いのが特徴ですが長い袖は厄を払うとも言われています

 

女性の19歳は本厄にあたる年?

さらに女性の19歳は本厄にあたる年で成人式を迎える前の年にあたります

本厄は自分自身や周囲の環境や体力に変化が訪れる時期でもあります

本厄の次の年の成人式で振袖を着ることで厄を払い二十歳の節目と大人への門出に身を清めるという意味を込め成人式で振袖を着るようになりました

つまり成人の日に振袖を着るのは厄払いの意味もあります

足のくるぶしあたりまである和服で袖丈の長いものを振袖と呼び袖付けから振りを長くして脇があいている部分を大きく開けているのが振袖の特徴です

大きく開いた振りの部分がユラユラと動くことで振袖名付けられました

 

振袖自体の誕生は江戸時代にさかのぼります

もともと子供や未婚の女性が着る振りのある長い小袖として着られました

また着物の中に熱がこもらないようにという配慮もありました

振袖が誕生したころは袖が55センチから95センチとそれほど長い袖ではありませんでしたが江戸時代中期にかけて徐々に袖が長くなり現在の振袖のように長くなりました

 

現在の振袖で最も長い袖で114センチくらいと言われています

若い女性が着る正装である和服の袖丈が長くなっていき踊りを披露する時により美しく綺麗に見せるように長く振袖が誕生した江戸時代初期は55センチから95センチくらいで江戸時代中期から後期にかけて122センチにまで長くなりました

江戸時代では未婚女性の正装として振袖が着られることもありましたが普段着として着られることもありました

明治時代以降も未婚女性の正装として振袖は定着しましたが華やかに見える半面日常生活の動作に邪魔になってしまうと言うことで普段着で振袖を着ることがなくなりました

振袖は華やかさを増す目的として未婚女性の正装とされ既婚女性と未婚女性を区別していました

振袖の袖が長くなったのは諸説ありますが舞踊を披露した際に袖が揺られて美しく綺麗に見えることで長くしたと言われています

また袖丈が長いと所作が美しく見えて男性の気を引きつけやすいということで袖が長くなったとも言われています

振袖は最初踊り子が舞踊のために取り入れられたのが始まりで後に未婚女性の正装として定着し大人の仲間入りをすることで最初の正装として成人式で振袖を着るようになりました

【スポンサーリンク】

 

振袖は厄を払って大人への新たな旅立ちの心構え?

成人を迎える前の年の19歳は本厄なので袖を振ることで厄を払うという呪術的な意味で袖が長くて動いたりすると自然と振り幅が大きくなる振袖が着られるようになり厄を払って大人への新たな旅立ちの心構えとして成人の日に振袖を着るという習慣に結びついています

成人の日の振袖は成人となる者の身を清め今後の人生について成人の旅立ちを自覚し心身共に順調に育って無事に成人を迎えたことを報告しこれからの人生の幸せを祈願し自分を成人になるまで育ててくれた親や周囲に感謝の気持ちを振袖に込めるのが振袖の意義と言えます

成人の日はお祝い事だから華やかな着物を着るだけでなく袖の振りが大きいことで厄を払い清める意味も込められていて厄除けと良縁の願いを込めて大人になった自覚と大人にしてくれた人たちに感謝の意を伝える意味で成人の日に振袖を着ることだと分かります

成人の日に振袖を着るのは人生の門出に身を清めこれからの出会いが良縁であることを祈り縁を呼び寄せる意味を持ちとても縁起が良いものです

成人の日のように大事な人生の節目となる日に振袖を着るのは二十歳という大人へ一歩踏み入れ晴れの門出に災厄を払って清らかな心と身体で再出発するという意味を込められてます

振袖のユラユラ揺れ動く長い袖は厄を払い成人の日の前の年19歳の本厄を厄払いできる意味もあり人生の門出に身を清めてくれます

現在では成人の日に振袖を着るのは皆がてるから自分も着なくてはと思う人もいます

 

現在の成人式は?むかし同級生を再会する同窓会の場?

また本来成人の日は人生の門出として成人の儀とも言える重要な儀式でありますが現在の成人式はイベント化されている傾向があり昔の同級生を再会する同窓会の場と化しています

また着物をアレンジして振袖を自分流に着こなす方も増えています

イベントとして振袖や晴れ着を楽しむこと個性をつけて楽しむのが悪いわけではありませんが振袖は気持ちを新たに心と身体を清らかにしてくれるものと知れば振袖を着る意味が大切なものだと気付けるようになるでしょう

よって振袖は成人の日という大きな行事だから着るだけでなく振袖が誕生した江戸自体にさかのぼり袖が揺れることで厄を払い身を清めて今後の門出を祝って大人になったことを自覚し感謝するものでした

現在は成人式というとイベントみたいになりつつありますが振袖には大人の門出にふさわしい大切な意味が込められていることが分かります

 
【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.