こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

成人の日、成人式の由来と振袖について考えたことありますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

成人の日かつて1月15日と決まっていました

しかし2000年から施行されたハッピーマンデー法により成人の日1月2月曜日に変更になりました

成人の日1948年に祝日法によって制定されるのですが祝日法2条によればおとなになったことを自覚しみずから生き抜こうとする青年を祝いはげますというのが成人の日趣旨に当たります

 

そもそも成人の日いつから行われていたのでしょうか?

もともと成人を祝う儀式というのはずっと昔から存在していました

冠婚葬祭のとは成人式のことを表していますが成人になるというのは古来から重要だったわけです

昔の成人式は男子は元服女子は裳着言われていました

元服は加冠加冠初冠ういこうぶりとも呼ばれておりその日を境に男子は髪の毛を大人の髪型に結い幼名から新しい名前に切り替え初めて冠をつけます

元服も裳着もどちらも公家など身分の高い家柄に生まれた人が行うもので年齢も数え歳で1216歳と幅がありますちなみに裳着は公家の女子の成人式であり江戸時代以降は女性も元服称していたそうです

庶民には元服や裳着に相当する通過儀礼はあったようですが地域によってそれぞれ違うようです

多くの地域で行われていたのは褌祝い呼ばれるもので男子が成人になった証しとして親戚など血縁関係のある女性から褌が送られていたそうです

 

現在の20歳になった人を成人としてお祝いするようになったのは何時から?

現在のように成人の日として20歳になった人を成人としてお祝いするようになったのはいつからかというと戦後からです

定説では1946年11月22日埼玉県北足立郡蕨町蕨市実施された青年祭ルーツとなっているそうです

そうして成人を祝う行事は全国にも広まり1949年1月15日は成人の日と制定されます

なぜ1月15日なのかというとこの日は旧暦の小正月に当たりかつて元服の儀は小正月に行われていたことに由来します。 

 

地域によっては成人式が8月にあるの?

ところで1月2月曜日周辺に成人の日に成人式を行う自治体が多いですが地域によっては成人式を8月に行うこともあるようです

これは雪がよく降る地方から大学進学のために上京してきた人たちに聞くと冬は雪が降ってしまうので成人式は夏にやるという話はよく耳にします

8月だけでなく3月ごろにやるという自治体もあるそうです

 

成人式近くになるとよく見かけるのは女性の振袖姿

街を華やかな姿で歩いているのを見るだけでこちらも楽しくなりますがなぜ成人式に振袖を着るのでしょうか?

【スポンサーリンク】

未婚の若い女性の礼装は振袖で成人式に限らず結婚式などのフォーマルな場でも着ることができます

振袖は女性だけでなく幼い子供にも着せることもあったそうなのですが長い袖を振る仕草が魔よけなっていたそうです

最初から振袖は成人式の女性の礼服というわけではなく二次世界大戦中に贅沢品を禁じられ壊滅状態だった着物業界が成人式と元服との関係に着目し業界の復興策として成人式に女性に振袖をきてもらおうと百貨店を中心に働きかけたのがきっかけなのだそうです

このように成人の日成人式の歴史などを大まかに振り返ってみたところで実際に成人の日に際して準備がかかるのは男性よりも振袖を着る女性です

筆者もだいぶ前に成人式に出席しましたがスーツを着ている女性はほとんどおらず女性はほとんど振袖です

 

実際に準備はいつから始めるのがいいのでしょうか?

また振袖は買うのがいいのかレンタルするのがいいのかなども以下説明したいと思います

多くの女性にとって振袖を購入するかレンタルするかを考えるのは成人式がきっかけだと思うのですが成人式に向けて振袖をレンタルする場合は早めに予約しないと選べる種類はどんどんなくなるそうです

 

また撮りや当日着付けの予約も予約順だそうです

レンタルだと高校卒業するのと同時に動き出す人もいるようですが全て呉服店のサービスを利用するのではなく近所の美容室で着付けをしてもらうということもできます

またお母さんや親戚の女性が持っている振袖を着るのでもよければ着物のレンタル代も購入費用もかからず着付け代とヘアセットお直しが必要な場合はお直し代使った後のクリーニング代で済みますし準備も楽です

お下がりの振袖だとトレンドを追うことはできませんが他の人がなかなか着ていない振袖なのでかえって珍しく見えることもあります

筆者の周りでは成人式にきていく着物はレンタルをする人が多く買ったという人はほとんどいませんでした

購入をするととても高いですが成人式以外にも結婚式卒業式結納などでも着ることが前提ならかえってレンタルよりも安く済みますし妹や娘さんが着たいと言えば一緒に使うこともできます

そして自分のサイズに合わせて作ってもらうので美しく着ることができますレンタルだといろんな体型の人に合わせて作るので必ずしも綺麗に切られるとは限りません何れにしても成人式に向けて振袖を準備する場合自前の着物で用意をするにしても着付け代美容院代撮りなどで10万円以上は最低でも必要になりますしレンタルをする場合もそれくらいは必要になるでしょう

着物を購入する場合は30万円以上かかることは想定すると金銭面を考慮しても準備は早めにしておいて損はなさそうですし早めに予約をすることで割引サービスを受けられることもあります

一生に一度の成人式お子さんと話し合って素敵な思い出になるようにしてあげたいですね

 
【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.