こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

バレンタインの手作りチョコレシピ紹介☆テンパリング知ってますか? 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
【スポンサーリンク】

はじめに「バレンタイン」とは?

 

女性から男性へ気持ちを伝えることができる特別な日です。

なかなか言えなかった気持ちを、チョコレートと一緒に伝えてみませんか?

 

バレンタインの手作りチョコレシピについて

今回は、『バレンタインの手作りチョコレシピ』についてご紹介していきます。

 

① みんな大好き手作りチョコ!

もう遠い過去になってしまいましたが、
私も昔、旦那さんとつきあい始めた頃、作った記憶があります。

確か、チョコって溶かして固めるだけだったような・・

しかも出来上がった物が、イマイチで
買った方が良かったかも‥と思える代物だったような気がします。

それでもどうにか食べてもらえましたが(汗)
なんだか申し訳ない気がしてきました。

さあ今回は、きちんと「チョコづくりのレシピ」おさらいしてリベンジするぞ!

・・とその前に「テンパリング」について説明していきます。

 

「テンパリング」という言葉、皆さん知っていますか?

簡単に言うと、チョコレートの温度を上げて↑、下げて↓、また上げる↑といった感じ。
スイマセン。説明が大雑把過ぎますね。

もう少し詳しく説明すると

「テンパリング」とは、
チョコレートに含まれるココアバターは、違う種類でできているので、その結晶を安定化させるためにおこなう温度調整のことです。

そのため、チョコレートを一旦液状に溶かして、再度固めます。

テンパリングをすると、風味がよくなり、艶のある口どけのよいチョコレートになるそうです。
美味しくするためのひと手間といったところ。

チョコレートってデリケートで奥が深いんですね。

さらに、チョコレートの種類によって、「テンパリング」の温度も変わってくるようです。

 

【スイートチョコレート】の場合

溶かす温度→50~55度 冷ます温度→27~29度 上げる温度→31~32度

 

【ミルクチョコレート】の場合

溶かす温度→40~45度 冷ます温度→26~28度 上げる温度→29~30度

 

【ホワイトチョコレート】の場合

溶かす温度→40~45度 冷ます温度→25~27度 上げる温度→28~29度

温度計、絶対いりますね。
料理用の温度計は、100円ショップにも売っていました。

 

「テンパリングの方法」とは?

それではいよいよ手作りチョコの基本、「テンパリングの方法」を説明させていただきます。

ここでは、湯せんでチョコレートを溶かし、温度を上げ下げして温度調整する、テンパリングのひとつ「水冷法」で作るチョコをご紹介していきます。

 

手作りチョコのレシピ ~テンパリングの方法~

材料 チョコレート300g以上、トッピングの材料

【スポンサーリンク】

道具 ヘラ、温度計、
ボウル大 1つ(チョコレート用)、ボウル小 2つ(湯せんのお湯用、水用)

※必ず、ボウル大にチョコレートを入れて溶かしてください。
湯せんや水のボウルの方が大きいと、傾いてチョコの中に水が入ってしまいます。

 

1.チョコレートを刻む

テンパリングするチョコレートの量は、300g以上だと温度調整がしやすいです。

チョコレートを均一に刻みます。
※チョコレートは、粒状のものだと、そのまま使えて便利です。

安定のよい場所を選び、汚れないよう、まな板にはオーブンペーパーや紙などを敷いておきます。

真上からしっかりと、5mm角位の大きさに刻んでいきます。

出来たら、水分を拭き取ったボウル大に入れます。

 

2.湯せんにかける

50℃~60℃のお湯をボウル小に準備します。
※お湯は、絶対に沸騰させないこと。

チョコレートを入れたボウル大を重ねてしばらくおき、周りが溶けてきたら、ゴムベらで上下を返し、ゆっくりと混ぜて溶かしていきます。

※この時、ゴムべらに輪ゴムで温度計を固定しておくと便利です。
※45~50℃に温めて溶かします。

急いで混ぜると空気が入り、口当たりが悪くなってしまいます。

「チョコレートは低めの温度で、ゆっくりと溶かすこと」が大事です。

ここまでだと、ただチョコを溶かしただけ!なんです。

そう、私もここまでで冷蔵庫に入れて冷やしてしまったから、
ブルームだらけで口どけも悪かったのね。なるほど~。

では、ここからが大事!

 

3.チョコレートを冷やす

15℃程度の水を張ったボウル小を準備します。先ほど温めたチョコの底を冷やしながら、空気が入らないようにゆっくりと混ぜていきます。

27~28℃に下がれば、水から外します。

 

4.再度、チョコレートを温める

湯せんにかけ、再び31~32℃まであたためて、よくかき混ぜて均一にします。

 

5.型に流してコーティングする

テンパリングに成功したら、その後、チョコを使うまでの間、30℃前後に温度を保って作業しないといけません。

素早く型に流して、コーティングをしましょう。

※乾いたタオルをボウルの下に敷いて作業すると、温度変化しにくいです。
※温度が下がったら、また少し湯せんして温度を保ちます。

心配なら、事前に練習で作っておく事をおススメします。
どうしても暇がない!という方は、テンパリング不要の便利なチョコもあります。

いかがでしたか? 何と言っても世界にひとつの「手作りチョコ」

この記事を読んで、最初、「手作りはハードルが高いなあ。」と思っていたけど、
「今年は挑戦してみようかな。」と思ってもらえれば、嬉しいです。

私も今年のバレンタインはウン十年ぶり?!に家族に「手作りチョコ」を作ってみよう!と思いました。

【スポンサーリンク】
この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2018 All Rights Reserved.