こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

白血病の初期症状や血液検査結果については?池江選手はどう?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

白血病と聞くと大変怖い病気と思ってしまいますが、きちんと病院で治療を受けることで、白血病の病気も完治することが多くなってます。

スポンサードリンク

白血病の病気は、昔までは血液のがんといわれてましたので、それを聞いた患者本人やご家族の方は動揺を隠せないことがあります。

白血病の初期症状としては、発熱が長引くことが多いですが、風邪に間違いやすいので、専門医に相談をしてみるといいかもしれないです。

血液検査結果で白血球や赤血球の数を調べることになります。

白血球に異常な形をしたものが見つかった時には、正式に白血病と診断されるようになります。

入院時は、毎回血液検査を行うことで、白血球細胞のがん細胞が自滅したかを判断することになります。

 

スポンサードリンク

白血病は初期症状を見極めて血液検査結果では白血病と診断?

白血病になる原因としては、空気中のウイルスや喫煙、老化などいろいろな原因が考えられますが、実際のところは明確にはわかってないのが現状です。

白血病は、遺伝性は低いので、親が白血病になったことがあるからと言って、子供もなるということはないです。

一概に言うと、大量の放射線被曝を浴びた方、今までに抗がん剤治療を受けた方は、次期に白血病になることが多いです。

今まで元気で暮らしていた方でも、急性リンパ腫白血病になることもあります。

初期症状は、熱が発症するので、風邪かインフルエンザかと疑ってしまうことがあります。

白血病かどうかは血液検査を受けて結果的に白血病と診断される場合が多いです。

白血病の方は、だるい、疲れやすいなどの症状が出やすくなりますので、病院で診てもらう時には、自分の症状を明確に答える必要があります。

早期発見が出来れば、その分早く治すことが出来るようになり、治療も楽になります。

間違っても自己判断で風邪と決めつけることはしない方がいいです。

 

白血病は治る病気なの?

白血病と聞くと、昔の方は血液のがんだと知ってるので、治ることはないと言われていますが、今の医学は進歩しているので、白血病であっても治すことが出来る確率も高くなってます。

白血病の症状は、見た目ではわかりづらいところもございますので、発熱が長引いたりした時には、即病院で診てもらうことが大切です。

白血病は、人には感染しない病気となってますので、一緒に暮らしていたからと言って、自分も白血病になってるのではないかと思う心配はないです。

しかし、白血病は、いつ起きるかわからないので、初期症状を知っておくだけでも、早期発見が出来ます。

白血病になると、症状の重さによっては、治療が長引くこともあり、辛い治療をすることになります。

 

スポンサードリンク

白血病の種類とは?

白血病には、種類がいろいろあり急性白血病と慢性白血病の2つに大きく分けられます。

急性白血病では、急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病があります。

慢性白血病では、慢性骨髄性は欠病と慢性リンパ性白血病があります。

発病の原因は今もわかっていないので、血液検査を受けて結果を見てわかることが多いです。

白血病は、他の部位に発症するがんの病気と同じですので、このまま放っておくと、命に関わる病気であることは間違いないです。

白血病は、子供から大人、高齢者まで幅広く発症する病気ですので、大人になってから発症しやすいということはないです。

しかし、年を取ることで、白血病の発症率が高くなることは間違いないので、定期的に健康診断を受けることが必要となります。

急性型は白血病の細胞が増殖するスピードが速くなったり、慢性型は白血病細胞では増殖が緩やかでゆっくり症状が進んでいくことではないです。

急性白血病では造血細胞や血液細胞としての機能を持たなく、異常な白血病細胞が増えることで、慢性白血病では血液細胞としての機能が成熟した白血病の細胞が増えることをいうのです。

急性白血病と慢性白血病の症状とは?

急性白血病の症状としては、血液細胞を造るの製造工場で、骨髄の中を白血病細胞が占拠してしまって、正常な血液細胞が作られなくなってしまい貧血や疲れやすさ、体のだるさ、また、免疫機能が低下して血液の感染症にかかりやすくなってしまいます。

外から見てわかりやすいのは発熱があり、出血しやすくなってしまったり、体の所どころにあざができやすくなります。

慢性白血病の症状としては、赤血球や白血球、血小板の機能が正常に保たれているので、自覚症状が出ないことが多いです。

ですので、細かく検査をしないと、慢性白血病と診断されることは難しくなってます。

このように、白血病と言っても複数の種類がありますので、自分がどれに当てはまるかは、血液検査結果でしか、判定はできなくなってます。

 

スポンサードリンク

白血病と診断をして人生を諦めない気持ちが大切なんです。

日本で白血病になる方は、かなりの確率的に低くなってます。

と言って自分は絶対に白血病にならないということはないので、定期的に健康診断を受けて血液検査をしてみることが予防にもつながり、早期発見もできます。

白血病には、4種類の白血病がありますので、血液検査の結果を自分で受け止めて、治療に専念することが早く完治するコツとなってます。

白血病の治療としては、抗がん剤の治療や放射線を当ててがん細胞を自滅させることが、白血病の治療では必要です。

無菌室での治療を受けることになり、治療も大変辛いと思いますが、病気に負けないと自分の気持ちの中で強く持つことが大切なのです。

抗がん剤の治療をすると、吐き気が多くなったり、放射線の治療で頭の毛が抜けてしまうこともありますが、髪の毛はまた生えてくるものなので、がっかりしないことが大切です。

早く白血病がわかれば、それだけ早く治る可能性があります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2019 All Rights Reserved.