こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

白血病を告白!スポーツ選手池江璃花子さんは完治し復帰できるのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

遥か昔、山口百恵が白血病で死を目前にしたヒロイン役をドラマで演じていた。

スポンサードリンク

白血病とは、血液のがんです。

血液細胞が骨髄で作られる過程でガンになります。

死することが決まっているヒロインが恋人役の三浦友和と離れ難くドラマを盛り上げていきます。

競泳の池江璃花子選手が12日、白血病を患っていることを公表した。

弱冠18歳に突然訪れた悲劇!

近年白血病は、発生した人の内7割が治るとされています。

突然報道された池江璃花子選手の悲劇についての報道は、フェイクなのか?真実なのか?

テレビ映像に映る池江璃花子選手は、本物なのか?名前を変えて強奪するためのフェイクなのか?血液の検査と血液自体が話題ですね。生理の血が話題にのぼるのもどうかと思います。

 

スポンサードリンク

運命!と言って付け狙うものの正体は?

山口百恵の古いドラマを見て運命だと思ったから!と声を揃えるものが跡を追い殺すのをやめない。

山口百恵のドラマに触発されたのか、触発され白血病で死んだと聞く友人の弟の幽霊なのか?

どう撃退しても跡を追い殺すのをやめない。

堀越学園を卒業することなく亡くなった友人の弟の幽霊がガンという話で浮上します。

うまく行くかに一見見える展望に干渉するそれら冒涜がガンと呼ばれるが、当初言葉の綾でした。

成功の展望にエロで干渉する奴がガンだ!という言葉から血液のガンたる白血病という病で死んだらしいという悲劇に至るまで復讐では説明のつかない恐怖があります。

会ったことのないそうした死刑確定を繰り返すエロ的異常者が白血病で死んだ幽霊でしかなく裁けない対策がないと言って24時間止まらないからだ。

人間対人間で起きないこれら変態エロが白血病で死んだ幽霊によるものだったのだ!変態であることで減る。モラルの効かない幽霊の狂気で減る。

 

池江璃花子は復帰を目指すの?

そして、現代では池江璃花子選手の衝撃的な白血病であることについての報道である。

復帰を願う声は止まないが、難しいだろう。

2024年の五輪を目指して邁進!と述べるが、東京五輪はもはや無理だろう。

東京五輪の主役と目されていただけに残念な話だ。

突然の報道だが、白血病が判明したのは2月8日。

オーストラリア合宿で体調不良が顕著だったため、現地の病院で検査を受けたのだそうだ。

実はその前、昨年暮れにもアメリカ合宿の際にも池江璃花子選手自体が不調を訴えていた。

 

スポンサードリンク

池江璃花子選手のツイッターでのコメントは次の通りである。

「私自身、未だに信じられず混乱している状況です。

ですが、しっかり治療すれば完治する病気でもあります。」

「今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。

今は少し休養を取り、治療に専念し一日でも早くまたさらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。

これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。」

その後、ツイッターを更新したことが繰り返しニュースで流れた。

ニュースに流れる回数がちょっと不自然だと思いましたね。

フェイクでは?と囁かれる理由ではないでしょうか?

道半ばで去りゆく池江璃花子選手のコメントに痛いな!

と苦い思いを抱いた人がたくさんいるのではないでしょうか。

将来を期待され東京五輪に期待の声が高まっていただけに痛い!と思われたのではないでしょうか?

スポーツライフの創造、スポーツに対する価値観の共有ということが病と闘う池江璃花子選手の支えになるといいのですが。

お祭り騒ぎの東京五輪を前に深刻な闘病のニュースですね。

変革の始まりと述べる池江璃花子選手の闘病生活、注目されるのでしょうか?

 

池江璃花子選手の闘病生活は?

池江璃花子選手の闘病生活はこれから始まる。

華やかな日々から一転して病と戦うための日々に変わるわけです。

池江璃花子選手自体その厳しさを知らないでしょう。

現実が突然厳しいものに一転するわけです。

想像以上に闘病は長いものになるでしょう。

闘病後の時間は苦しいものになるだろう。

苦悩と苦しみで一杯の人生の戦いになるでしょう。

サポートの体制は普通の人とは違うのでしょうか?

闘病生活の中から希望は見出すことはできないにしても、勇気が湧くような前向きな姿勢で病と戦ってほしいと思います。

過去に白血病を克服したというスポーツ選手や著名人の前例もあります。 

どうか腐らず頑張ってほしいものです。前例では、トップレベルに復帰していますね。

 

スポンサードリンク

赤という運命の象徴は血の色?

運命を信じるか?

という問いに信じると答えるものは多かったのではないだろうか?

運命を象徴する赤というものは、色ばかりでなく偏った思想や傾向として付き纏うものだ。

マイノリティというものが、生き延びることと血の結束のようなものが赤という運命の象徴となる。

血の結束からか血液の病である白血病が、報道されるようなニュースとして池江璃花子選手の衝撃的な告白がここ数日の話題である。

池江璃花子選手の断念した東京五輪のその後も気になるところだ。

東京五輪で夢を叶えるはずだった池江璃花子選手に突如訪れた苦難の道。

人生のツケということが病に倒れることで囁かれますが、まだ若い池江璃花子選手に納得できるような苦難の道があるでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2019 All Rights Reserved.