こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

三代目j soul brothersのライブで歌う好きな歌詞といえば!?それは君の瞳に・・・。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

三代目J Soul Brothersのドームツアーが4月から、9月まで行われます。

スポンサードリンク

三代目J Soul Brothersのドームツアーのラストは9月2日間東京ドーム22、23日。

これは2日間しかないのでかなりの激戦だったみたいですね。

三代目J Soul Brothersのチケットはもう完売かな?!

昨年は三代目J Soul Brothersのボーカル今市隆二と登坂広臣二人がソロ活動を終えてそれぞれに凄い反響がありました!

ですが今年は三代目J Soul Brothersの7人そろって、グループとしてのライブツアー迫力はパワーアップする事間違えなし!!

ほとんどの方が三代目J Soul Brothersのライブのために作られたTシャツを来て参戦する人多く見られます。

三代目J Soul Brothersの男性ファンもかなり多くて、今市隆二さんや登坂広臣その他の好きなメンバーに扮して、なりきりさんとでもいいましょうか、沢山の今市隆二さん登坂広臣さんを発見できることでしょう。 

 

スポンサードリンク

三代目J Soul Brothersのライブはフラッグ!?

LDH所属のアーティストさんはペンライトよりもフラッグが主流でアーティストのみなさんを盛り上げます。

絶対カッコいい、男女ともに人気があって、誰が見てもカッコいい、そして唄もダンスも上手いっ!!

ファンじゃない方が見に行ったらファンになる!

吸い込まれる歌唱力、圧巻なダンスパフォーマンス!

魅了されることでしょう!

是非是非お友達、ご家族誘って行ってみてほしいです!

 

スポンサードリンク

三代目J Soul BrothersだけでないLDH所属とは?

 

三代目J Soul Brothersのみなさんも来てくれるお客さんもドームツアーということで、かなり気合いが入っていると思います。

かなりの人数のお客さんが入るので、大きなライブツアーですね。

三代目J Soul Brothersさんといえば、LDH所属のEXILE TRIBEさんGENERATIONSさん最近はランページ、ファンタスティック若い子達が続々と出てきています。

それぞれの良さはことなっていて、私的にはぜーんぶLDHさんの歌が大好きです。

三代目J Soul BrothersのパフォーマンスはEXILE TRIBEにも入っていて、ダンスパフォーマンスは天下一品です。

今市隆二、登坂広臣、のボーカルは聞き入っちゃいますよ。

男性のわりにめちゃくちゃ高い高音でラブソングを唄われたひにゃーもうバタバタバターっと女性だけでなく男性も倒れること間違いなしです。

もしもまだチケットがあるとすれば一般発売になると思いますが、絶対に行くべきです。

 

三代目J Soul Brothersのラブソングといえば何?

三代目J Soul Brothersのラブソングといえば、沢山ありますが、ファンの間では、カバー曲ですが、君の瞳に恋してるだと思います。

これを唄ってくれないとってみんな言いますね。

一昨年は唄わなかったみたいなので、今年こそは唄ってくれるのではないでしょうか?

三代目J Soul BrothersのTシャツを着て、フラッグを片手にコンサートへ遊びに行ってください。

 

ライブ会場の外にも楽しみがあるの!?

会場の外にはEXILE 居酒屋も用意してあると思います。

お祭り気分で、屋台のように並んでいるのが特徴で、くじを引いたり、焼きそば、クレープ、ガチャガチャ景品はもちろんメンバーのグッズ!
集めて遊んで下さい。 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

まとめとしては、まず1度でいいから、1度良かったら2度行ってみてください。

毎回違った三代目J Soul Brothersさんの魅力を味わえるはず、コンサート会場へお越しください。

4月から、9月がラスト公演東京ドームです。

くじ運のいいわたしはな、なんと、ラストの東京ドーム23日が当選してしまいました。
もう楽しみですね。

Tシャツと、フラッグは買うの絶対に忘れません。

きっとラストは1曲多かったり?トークも長かったり?何かサプライズあるかな?あったらいーなー!

ATSUSHIさんは来るのかな?ヒロさんは来るのかな?なんて楽しみもあったりします。

三代目J Soul Brothersさんのライブに来たらきっと、EXILE TRIBEさんのライブにも行ってみたいと思うに違いありません。

1度は生のステージで本物の圧巻な歌声と、ダンスパフォーマンスを感じてみてはいかがですか?

きっと、ファンクラブに入りたくなるはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2019 All Rights Reserved.