こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

星野源pop virusライブ2019!今回のセトリと日程は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
 

最新アルバム「POP VIRUS」が大人気の星野源さん。

スポンサードリンク

星野源さんはアーティスト業、俳優業、執筆業と、様々な分野で活躍していて、ここ数年の人気は飛ぶ鳥を落とす勢いです。

星野源さんのその多才ぶりもさることながら、トーク番組などで見せてくれる優しく気取らない雰囲気も人気の秘密といえると思います。

 

スポンサードリンク

星野源さんのアーティストとしての魅力とは?

星野源さんはどの分野でも大成功を収めていますので、その魅力は一言では伝えられませんが、個人的にはアーティストとしての才能が特に素晴らしいと思います。

星野源さんは作詞・作曲・編曲のすべてを行い、それを自身で歌い、ダンスナンバーであればダンスも見せてくれます。

風景や情景が浮かび上がってくる歌詞を見ていると、言葉選びの上手さを感じますし、キャッチ―なメロディーラインは何度か聞くうちに頭から離れなくなります。

また、新曲を聞くたびに、新しさを感じるサウンドで驚かせてくれることから、そのアレンジ力の高さを伺えます。

 

朝ドラの主題歌「アイデア」の印象は?

朝ドラの主題歌だった「アイデア」は、1番だけ聞いたときは「星野源らしい楽しい曲」というイメージでしたが、2番以降を聞いたときは、曲調がガラッと変わっていくサウンドの展開に衝撃を受けました。

そして、忘れていけないのは歌手としての魅力です。

声を張り上げて聞かせるタイプでも、個性的な声というわけでもありませんが、人を癒してくれる優しい声は繰り返し聞いても全く飽きず、心地よく心に響いてきます。

 

星野源さんの歌手としてのヒット曲は?

ヒット曲「恋」、「アイデア」はもちろん、他にも素敵な曲が多くありますので、歌詞やサウンド、そして声にも注目して聞いてみてほしいです。

 

スポンサードリンク

5大ドームツアーの星野源 DOME TOUR 2019とは?

 

星野源さんは、昨年12月にリリースしたアルバム「POP VIRUS」を引っ提げて、初の5大ドームツアー“星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』“を開催しました。

2019年2月2日(土)の京セラドーム大阪からを皮切りに、ナゴヤドーム、札幌ドーム、東京ドーム、そして3月10日(日)の福岡 ヤフオク!ドームまで、全国のドームを巡るツアーです。

 

スポンサードリンク

星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』の日程とは?

星野源さんの5大ドームツアーの公演スケジュールはこのようになっていました。

  • 2月2日(土) 京セラドーム大阪 16:00 OPEN / 18:00 START
  • 2月3日(日) 京セラドーム大阪 15:00 OPEN / 17:00 START
  • 2月16日(土) ナゴヤドーム 16:00 OPEN / 18:00 START
  • 2月17日(日) ナゴヤドーム 15:00 OPEN / 17:00 START
  • 2月23日(土) 札幌ドーム 15:30 OPEN / 18:00 START
  • 2月27日(水) 東京ドーム 16:00 OPEN / 18:30 START
  • 2月28日(木) 東京ドーム 16:00 OPEN / 18:30 START
  • 3月10日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム 15:00 OPEN / 17:00 START

 

星野源さんのドームツアーのチケット代は全席指定 8,500円(税込)。

4歳以上はチケット必要で、3歳以下のお子様でも座席を必要とする場合はチケットが必要となっています。

(1公演につき4枚まで購入可能)

 

星野源さんの5大ドームツアーは日本人男性ソロ歌手としては何人目?

5大ドームツアー行うのは、日本人男性ソロ歌手としては桑田佳祐さん、小田和正さん、福山雅治さん、EXILE ATSUSHIさんに続き、史上5人目だそう。

「POP VIRUS」が大ヒットしたこともあり、チケット入手は困難だと予想はされていましたが、その予想どおり1月12日(土)の一般発売と同時に全会場が即日ソールドアウトしました。

 
スポンサードリンク

まとめ

 

実際どんなツアーだったのかというと…。

筆者は東京ドーム公演に行きたいと、プレイガイド先行抽選、一般販売など複数回チケット入手に挑戦しましたが失敗に終わり、もう無理だとあきらめていました。 

しかし、公演の前日12:00~に注釈付指定席のチケットの追加販売が決まり、急遽、先着順でチケットをゲット。

2月27日の東京ドーム公演に参加できました。

注釈付指定席というのは映像や演出が見えづらい可能性のある座席ということなので、あまり見えないのでは?

と不安もありましたが、行ってみると前方ステージの真横のスタンド席で、横顔メインでしたがしっかり星野源さんを見ることができました。

もちろんアリーナ席と比べると遠いなとは感じましたが、会場中央の方に歌う場所を移したり、常時大画面で歌っている映像も映し出されていたので、遠くの席の人たちでも十分楽しめたと思います。

 

星野源さんのドームツアーの今回のセットリストは?

さて、今回のセットリストはというと、やはり「POP VIRUS」の楽曲メインでしたが、初期の曲や、前のアルバム「YELLOW DANCER」の収録曲など、充実のラインナップ。

踊りまくったり、弾き語りに酔いしれたりと、アンコール含め全23曲、約3時間、東京ドームに来ていた超満員のお客さんを楽しませてくれました。

星野源さんのライブは途中でトイレに行ったり、座ったりというのはご自由にというスタンスなのですが、今回のドーム公演もスローテンポの曲は座って聞く方もいましたし、年配の方やお子さん連れの方も気後れすることなく参加できる終始アットホームな雰囲気でした。

特に筆者がいた場所は老若男女さまざまな方がいましたが、野球場のスタンド席なので前の人との段差がしっかりあり、座っても前のお客さんでステージが見えなくなることもなく、自分のペースでみなさんライブを楽しんでいるように見えました。

次にいつライブが開催されるかはわかりませんが、星野源さんのライブは初めて行く方やお子様連れの方でも安心して参加できるので、まだ行ったことのない方もどうにかチケットをゲットしてぜひ行ってみて下さいね。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2019 All Rights Reserved.