こんな事?あんな事?あなたにとってもしかしたら役に立つ事が見つかるかも?

桑子真帆アナの転籍先は!?転籍先候補にタモリさん所属ブラタモリ?

2019/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今、話題になっている桑子真帆アナウンサー(31)の独立や転籍先については・・・。

スポンサードリンク

ここ最近より一層、独立してフリーになることや他への転籍が現実味を帯びてきた桑子真帆アナウンサー。

その転籍先にブラタモリ!?が囁かれているそうなんです。

 

スポンサードリンク

桑子真帆アナウンサーが何故フリーに!?転籍の話しが・・・。

なぜ、桑子真帆アナウンサーの転籍や独立フリーの話しが現実味を増してきたのかというと、2019年4月からのNHKの人事で『NHKニュース7』になんと、NHKに入局して6年目の上原光紀アナウンサー(27)が異例の大抜擢されることになりそうなんです。

民法の関係者の話しによると「今年度の3月末で産休に入る鈴木奈穂子アナウンサーに代わって、上原光紀アナウンサーをNHKの『ニュース7』に抜擢する予定だそうです。

桑子真帆アナウンサーよりも上原光紀アナウンサーに期待するNHK上層部の傾向も理由の1つではないでしょうか?

また、民放各社や芸能プロダクションによる桑子真帆アナウンサーの争奪戦が水面下で繰り広げられているらしいです。

 

スポンサードリンク

上司と桑子真帆アナウンサーの関係悪化も原因か!?

昨年2月に開催された平昌五輪の開会式で大失態をしてしまった桑子真帆アナウンサー。

その大失態とは?

平昌五輪の開会式を“閉会式”と言い間違えてしまう大失態をしてしまったことなんです。

このことについてNHKとして、当然の事ながら上層部から桑子真帆アナウンサーにたいしてお叱りを受けたとのことですが、これに対して桑子真帆アナウンサーは逆ギレしたそうなんです。

このような出来事があってからは、桑子真帆アナウンサーの上司との関係は悪化してしまったままになっているみたいなんです。

いい間違えの大失態だけではなく、フジテレビの谷岡慎一アナウンサーとのスピード離婚もあって、さらにフリー転籍や他への転籍の話しが加速していったんです。

 

スポンサードリンク

桑子真帆アナウンサーの転籍先は!?ブラタモリ?

もともと桑子真帆アナウンサーはバラエティ志望だったそうなんです。

現在のニュースウォッチ9のキャスターのポジションには不満を持っているみたいなんです。

桑子真帆アナウンサーは、ブラタモリでお世話になったタモリが所属する『田辺エージェンシー』への転籍の話しが水面下で進んでいるとの情報もあるみたいなんです。

この転籍の件については、今後の桑子真帆アナウンサーの動向に注意して観ていく必要があるのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

桑子真帆アナウンサーのブラタモリでのタモリさんの評価は?

桑子真帆アナウンサーがブラタモリ卒業時にタモリさんから「楽しかったですよ。性格も良く、お高くとまっていないし、いい子でした」と良い評価を頂いた桑子真帆アナウンサーでした。

桑子真帆アナウンサーもタモリさんに「ブラタモリの1年間、楽しかったです」とあいさつをしてました。

 

桑子真帆アナウンサーの移籍先とは!?

桑子真帆アナウンサーが移籍!?移籍先はブラタモリ?

 

桑子真帆アナウンサーの経歴は?

1987年5月生まれの神奈川県出身で小学生時代は「クローズアップ現代」の国谷裕子アナウンサーに憧れていたそうです。

桑子真帆アナウンサーは、東京外国語大学のロシア・東欧課程でチェコ語を専攻していたそうです。

音楽サークルではサンバチームの音楽チームとして、華やかな踊り子ではなくそれを盛り上げるサンバの音楽を演奏するブラジル音楽のサックスや打楽器をしていたという珍しい経歴を持ち、2010年にNHKに入社しました。

同期には田中泉アナウンサーなどがいます。

20 11年3月の東日本大震災では、盛岡放送局に応援で派遣され、災害情報やローカルニュースを担当していました。

入社してからはNHK長野局に3年とNHK広島局に2年勤務していました。

広島局時代には、子供向けお笑い番組の「ワラッチャオ!」(BSプレミアム)で2年にわたっておねえさん役を務めました。

その後、東京アナウンス室に移動になり、「ブラタモリ」にアシスタントをして出演して、知られるようになりました。

軽くなり過ぎない程度にタモリさんをたてながら、軽快な掛け合いをしていました。

 

桑子真帆アナウンサーはブラタモリでは?

「ブラタモリ」では、地理マニアのタモリさんとの軽快な会話の掛け合いがよく、オリコンスタイルの「好きな女子アナウンサー」の5位にランク入りするほどでした。

毎週土曜日夜のゴールデンタイムで地方の土地の地理を訪ねていくという、地味になりそうな番組であるにも関わらずにうまく視聴率を上げ、毎週見る固定ファンも獲得できたというのも、タモリさんが博識で、地元の研究者との会話のやりとりが良かったのみならず、桑子真帆アナウンサーのキャラクターも一役買っていそうです。

 

桑子真帆アナウンサーの髪型をまとめてみました!

桑子真帆アナの髪型はかわいい!?出演番組に合わせて髪型イメチェン

 

 

桑子真帆アナウンサーは人のフォローや盛り上げ好き!?

タモリさんが長年、昼の番組をしていたのちに、上手く地方でのロケがある番組をすることが出来たのも桑子真帆アナウンサーのフォローがあったことが大きいのかもしれません。

桑子アナもBSの子供番組に携わった経験が役立った部分もあるのでしょう。

学生時代からサンバの踊り子よりも音楽を担当するところからも、人をフォローしたりして盛り上げるのが好きなのでしょうか。

そして翌年の’16年には、NHKの夜11時のニュース番組「ニュースウォッチ11」のキャスターとして抜擢され、さらに翌年には夜9時の「ニュースウォッチ9」に抜擢されるなど、キャスターとしては順風満帆でした。

知性や美貌よりも、親しみやすく温厚なキャラクターが評価されたのでしょう。’17年にはフジテレビアナウンサーの外岡慎一氏と結婚しました。

最近、離婚したことが明らかになりましたが、これからもその親しみやすく温厚なところでキャスターとしてやっていけそうです。

 

まとめ

実際にサンバパレードを見たことのある人ならば解るでしょうが、サンバというものはあくまでも華やかな衣装をまとったダンサーたちの踊りが主役であり、音楽バンドは後ろやトラックの上で、盛り上げるために懸命にドラムなどの楽器を演奏しています。

音楽のレベルが高くても低くても、あくまで目立つのはダンサーたちです。

そんな音楽バンドを担当するのですから、やはり場を盛り上げることが好きなのでしょう。

同期には田中泉アナウンサーがいますが、やはり和風の美人と言うものは、それなりに視聴率を稼げるのでしょう。 

BSの「ワラッチャオ」のお姉さん役の時も、おどけたしぐさとイジられるのが上手い事が好評だったようです。

最近は様々なテレビ局の女子アナウンサーが独立して行っているので、桑子真帆アナウンサーももしかしたら独立するのかもしれません。

「ニュース9」や紅白歌合戦の総合司会も務めるくらいですから、独立したとしても引っ張りだこでしょう。

お堅い雰囲気のNHKよりも、フリーになった方が本人もやりやすいのかもしれません。

桑子真帆アナウンサーの今後の動向に注目しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© あかねいろ01 , 2019 All Rights Reserved.